Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記<br> マリアシーダカップレポ・3
Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記
Top | RSS | Admin
ハロプロフットサルチーム「Gatas」の情報雑記ブログ。
他にもガッタスのライバルチームの動き。
自分のサッカー雑記を中心に書いていきます。

FC2ブログ
本サイト&ブログの総観覧数 
無料アクセスカウンター
出会いの研究所SEO
・SEMアクセスアップ
SINCE 2004.11.03
ブログの観覧数

SINCE 2005.01.16
試合・選手データは本サイトで

接続環境によりはてなダイアリーにてミラー版を作成しました。

2006・ガールズフットサルアウォ-ズ投票受付中

2005・ガールズフットサルアウォ-ズ結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリアシーダカップレポ・3

遅ればせですが。マリアシーダカップのレポ。
第3弾、準決勝・決勝です。

まずは、師弟対決となったCarezza-WALNUTS

パスでしか繋いでいけないWALNUTSと
動きながらパスやドリブルで作っていくカレッツァ。

そういったプレーの出来る幅の違いが小島がWALNUTSの
キーパーとして入っていてもカレッツァのプレーぶりが良かった。

しかし、カレッツァの選手のことを誰よりも触れ合っている
WALNUTSは最後の抑え所を心得てた感じで中盤までスコアレス
それでも最後はお姉さんチームの貫禄を見せて1-0でカレッツァ
選手・サポーター側とも満足げに試合をしてる印象だった。

ファンタの準決勝はちょっと所用があってまともに見れてません。w

・決勝戦、カレッツァ-ファンタ

ホームコートでコートの特徴とチームの特徴を熟知したカレッツァは
今までのサイドからの切り込みファー詰め戦術でなくファンタの
キーパーの技量からミドルから角度のあるグランダーシュートを放つ。

これによる戸井田の孤立状態と上にも書いたキーパーの
技量からあっという間に先制点をあげることになる。
ただ、この1-0から気を緩めずに同じ形で2点目・3点目と重ねる。

逆にこれでファンタの精神状態が切れ始める。
ファンタの場合は2点差を付けられると一気に沈むのかなと。
ミドルを警戒するあまりに逆にカレッツァに切り込まれ最後には
攻撃の詰めによりカレッツァが得点するパターンが多かった。

ファンタもかりん・佐々木・青谷で攻撃に転じるのだが
さすがにスフィアで対戦慣れしてるカレッツァには抑え所が
きっちりしていてまったく攻撃らしい部分は見えずタイムアップ。

結局、6-0、ホームコートアドバンテージもあるとはいえ
2007開幕戦には噛み合わなかった戦術が完成している感じがした。
次の大会のコートサイズがどうなるかわからないがこの攻めが
屋外の人工芝であろう冒険王でも見せれれば本当に強いだろうなと。

来月から始まる冒険王、カレッツァ・XANADU・ファンタ
この3チームが引っ張っていくようなそんな感じをした大会でした。
スポンサーサイト

Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。