Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記<br> 恋サルプレシーズンマッチ・レポ3
Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記
Top | RSS | Admin
ハロプロフットサルチーム「Gatas」の情報雑記ブログ。
他にもガッタスのライバルチームの動き。
自分のサッカー雑記を中心に書いていきます。

FC2ブログ
本サイト&ブログの総観覧数 
無料アクセスカウンター
出会いの研究所SEO
・SEMアクセスアップ
SINCE 2004.11.03
ブログの観覧数

SINCE 2005.01.16
試合・選手データは本サイトで

接続環境によりはてなダイアリーにてミラー版を作成しました。

2006・ガールズフットサルアウォ-ズ投票受付中

2005・ガールズフットサルアウォ-ズ結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋サルプレシーズンマッチ・レポ3

どうも、CSの一押しメディアミックスが
ここ最近、体たらくに感じる管理人です。
(好みな番組ではあるだけに頑張って欲しいのだが)

そんな前置きはさておき、続いて第2試合ということになりますが。
第1試合終了後のインタビューの後はすぐに試合という感じで。

その前にワンセグ入場枠での入場したさいの出来事をば。

うまい具合にミスマガとシューターズの公開練習に
立ち会うことができました。といっても準備がてらで
まともに見たとはいえない部分は少しありますが。

まず、ミスマガのユニが言われたとおり変わってました。
スポンサーの変更はまあどうでもいいとしてそれより驚いたのは
サプライヤーがアディダスからヒュンメルに変わっていたこと。

今年の春夏のアディダスのフットサルの宣伝にも
立花・溝口といった所が使われていたにも関わらずの変更でした。
さらに背番号がライトピンクに白色で背番号がみえづらい。
ってことで、今回、選手の選手交代の把握は出来ませんでした。

こちらで確認してください。
http://supportista.way-nifty.com/blog/2007/02/psm_479a.html

そのうち、ミスマガ関連から上がるのをご確認願います。
そして、その公開練習の中に松井がFPとGKのシュート練に。
さらに新人さんのパス練にキーパーユニの時東が。
練習が終わった瞬間、その2人はそそくさと帰っていきました。

昨日の「恋サル」で立花・松井が絡んでのエピソードでしたが
まさかの松井のバイト(これを地上波で公はいいのか)
それとも、もうすぐバイトはここじゃなくなるのかですが。
仕事なのか生計の為のバイトなのかってところではありますな。
(元ファンタは触れず。その時は関西籍のタレントの卵でしょうが)

という前置きがあったところで。
ミスマガは公式サイトの参加予定メンバー+5・8・9番が候補生。
(名前は確認する気はぶっちゃけ無かったのでわかりません)
南葛は野崎・松原・渡部・KONAN・吉川・横山・大櫛・松本。
(出たくても欠席宣言の阪本以外は昨季限りかもしれない感じ)

・南葛シューターズ前半スターター
ゴレイラ;#21・野崎
フィクソ:#13・吉川
右後アラ:#6・渡部
左前アラ:#5・松原
前ピヴォ:#18・松本

・ミスマガ前半スターター
ゴレイラ:#0・中澤
フィクソ:#18・溝口
右後アラ:#16・夏目
左前アラ:#17・西田
前ピヴォ:#5

ミスマガはCAP立花が居ないことで溝口を
フィクソと扇の中心にせざろうえない形で守れるが
攻め度は確実になくほとんどがロングボールの形。

対して、全員が攻撃に特化できるシューターズが常にゲームをリード。

・前半3分
N:#18松本⇒#10・KONAN

・前半4分
N:#6・渡部⇒#17・大櫛
N:#10・KONAN⇒#18・松本

・前半5分:GOAL(1-0)
左サイド、吉川からのキックインを松原がピヴォの松本へ
その松本が1テンポで相手DFを引き付けたうえで
走ってきた松原に再度落とす。それを左から右足でシュート。

体の強さからサイドに落とすというのを見せた松本から
意思疎通でしっかりとゴールという結果を残した松原のコンビ
松原も今回から守備より攻撃特化のポジションに入って躍動してた。

ミスマガはちょくちょくで#23・入船と他の新人を投入。
新人をちょくちょく見る限り、やはり完全な未経験者では無かった。

サッカー的な動きをちょっとやってたくらいで
小杉のような爆発的なものはさすがに感じなかった。
本格的にやることになればまた変わってくるのかもしれない。

後半、両チームともスターター・交代、確認できず。
但し、後半序盤で南葛は残りの横山、ミスマガもすでに
ベンチ入りメンバー全員をすでに投入し9人制は完了してた。

・後半50秒
ミスマガに相手キーパーエリア左奥に通った
ロングボールに対し吉川がスライディングでPKに。
シュートコースが全く無いような所で無駄なプレーともいえる。
それを西田が決めて同点に。西田はPKにて初ゴールゲット。

ただし、この1点で気が緩んでしまったミスマガ。

・15秒後
キックオフを松原が右をえぐり、左ポストに流れた松本に
すぐに絶妙なワンツー落としをボールが右サイドの松原へ行き
ファー流しのパス気味シュートを松本がそのままランで押し込む。

あまりに軽率な守りですぐに南葛がすぐに勝ち越す。
ミスマガも点が取りたい時にリスク覚悟の溝口を
ピヴォにするというプレーが随所にあったり
後方から奪って溝口の弾丸カウンターを狙う場面もあった。

しかし、ピヴォ戦術は後方や中盤で起点になる人物が無く失敗。
カウンター突破もさすがにどんどん寄せられ決められず。

結局、2-1のまま、ダービーマッチは南葛の勝利となった。

・総括、評価点
南葛は新エースの阪本の欠場も松本・松原の前衛コンビが
うまく波長のあったプレーをしている点が非常に見えた。
守りの部分は渡部の居るところでほとんど止まるほど
ミスマガの今回の攻撃はプツっと止まっていたように感じた。

ただし、そこで後半早々の強引フィジカルで取られたPK
そこを考えると得点にまっこう絡んだ感じは無く自分はマイナス評価。

フィクソとしてパスも出来てたが間違いなく強蹴シュートや
持ち前のフィジカル・ファールもありえるやり方なら
やっぱり、アラに据えて守りもいなしも出来る
渡部のフィクソのほうがチームとしての怖さはあると思う。
ただ、これに選抜メンバーで実績十分の阪本が居るのかと思うと
攻撃的チームとしての資質は高い位置にあるのかもしれない。

やはり、立花が後で中盤以降に溝口や中村優・松井といった
主力を張れる選手がいるのが求められるが初期メンである
元から守備意識のあって蹴れる夏目と走ってスタミナも出来た西田。
このことで次の一歩が出せるようになるという方向は垣間見えた。

ただ、中澤はせっかく押して貰っているのに
いかんせんゲームにまだ慣れていないのが明確だった。
前回は攻めの要領が無かったチームに救われたってこともわかった。
こうなると仕事が多忙とはいえ才能の時東がまだ正GKだろう。

・南葛シューターズ選手評価点
5・松原:7.0
6・渡部:6.5
10・KONAN:6.0
13・吉川:5.5
14・横山:出場時間少なく評価無し
17・大櫛:6.0
18・松本:7.0
21・野崎:6.5

・ミスマガジン選手評価点
0・中澤:5.0
5・?:6.0(スタメン通り、まずますの動き)
8・?:5.5
9・?:出場時間少なく評価無し
16・夏目:6.0
17・西田:6.0
18・溝口:6.0
23・入船:5.5

残念ながら、ミスマガは及第点越えは無しという評価に。
南葛はPKの要因を作り、得点に絡んだフィクソというプレーが
無かったので及第点以下にさせていただきました。
他は全員、チーム・ゲームとして機能してたということで。

次は第3試合。何か情報があれば別枠でまた更新します。
スポンサーサイト

Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。