Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記<br> こんな時間ですが・・・。追記更新。
Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記
Top | RSS | Admin
ハロプロフットサルチーム「Gatas」の情報雑記ブログ。
他にもガッタスのライバルチームの動き。
自分のサッカー雑記を中心に書いていきます。

本サイト&ブログの総観覧数 
無料アクセスカウンター
出会いの研究所SEO
・SEMアクセスアップ
SINCE 2004.11.03
ブログの観覧数

SINCE 2005.01.16
試合・選手データは本サイトで

接続環境によりはてなダイアリーにてミラー版を作成しました。

2006・ガールズフットサルアウォ-ズ投票受付中

2005・ガールズフットサルアウォ-ズ結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時間ですが・・・。追記更新。

興奮して寝れません。というか、寝たんですけど。
昼寝とこの前の運動で転んだ左足・左ひざの擦り傷で。


Gatas×Gatas管理人さんの直前みどころ。
http://motomatic.daa.jp/gatas/column_73902.html

リーク面(弱点な部分)もしっかり記載してくれました。

自分はあえて書かなかったんですが。
各チームの課題の面。弱点の面はこれで間違いないです。
自分も3月の試合。4月のファンタ戦。5月14日の八千代。

自分も全く同じことを考えていたので。ということで補足を。
とりあえず、チームは順不同で・・・。
あと、dreamは実力自体が無いので触れません。

ということで、読みたい人は一番下のmore・・・で。

あと、せっかくなんでHP・本サイトの
「739カップ分析」にも上げておきます。ってことで
書くのに1時間も掛かったやよ~。

ここを見て739カップを見に行った人は
あんた、いい人ね。ってことで・・・。

自分みたいに会社に3月中旬の時点でこの日は休むからって
力を入って1日休む人で見てくれる人が居たら嬉しいです。

とりあえず、自分はこれからまた寝て。
野暮用が発生しなければ13時前くらいに駒沢に。
ただ、野暮用の発生の場合は間違いなく開場ギリギリです。

とりあえず、公開練習はちゃんと見れますように。
ってことで本番の興奮をぜひ会場で。

◆HORI
HORIはCHOOPの公式ブログなどでわかったことで。
前大会のベストゴレイロ・稲熊が出なくなり
前回、FPとして3番をつけていた中村が担当しています。
この点で高く長い距離を投げれるゴールクリアランスと
セービング技術というのは格段に落ちたので
守備力やキーパーからカウンター戦術というのが
激減するのは明白なんじゃないかな。と、思います。

実際、CHOOPと練習試合。(試合と同じルール)で
1-4で敗戦。な上にこの日は半田・岩田が不参加で
CHOOPはサブ組でもゲームを作り
実際、サブ組がゴールを決めてるという情勢です。

そう考えると、アイドル組のメンバーにお台場組が
いないとなったらHORIは前回大会よりも厳しいと思う。
ただ、MANAMIのストライカーセンスはあるので
彼女が今回の練習で能力が上がってると怖いって所くらいかな。


◆CHOOP
逆に経験者2名制限ルールでどういう色を作るかだと思う。
CHOOPブログの明解が本当なら影山さんが
ゲームメイクが出来るようになったとしていたら
2名でも十分生きると思う。

正直、半田・庄子といったメンバーの練習参加率は全体の半分。
だからこそ、どっちもわかっていてGW明け以降は常に
練習に参加していた影山がサブのプレーヤーや新メンバーも
生かすことが出来ると強いのかな。って思う。

攻撃重視なら半田・影山
バランスなら半田・庄子
守備重視なら影山・庄子

って所が無難なんだな。と、思う。
実際、主力でないとはいえ
岩田・山本・青木といった3人はお台場・EH!PAで
HbG組として主力級の選手でお台場で
それぞれゴールを決めているメンバー。

あじゃ・新メンの青山愛子・川島令美もそうとうな
セレクションを勝ち上がってここに居るメンバーなので
今回はファンタのネックがより本気の選抜チームだと思う。

あと、何よりGKは三宅梢子
ボールの反応は全チームNo.1なのでポジション取りが
出来ると間違いなく今大会のNo.1ゴレイロ候補だろう。

自分がこのチームは魅力あるというのはそこにある。

◆カレッツァ
及第点はGatas×Gatasさんが上げていたので。
自分はその補足で・・・。

まず、今回、前・後半でどうしてもやりたかった
プランがあった。それは元木をゴレイロとして使えるかって所。
そして、小島は前線でポイントゲッターになれるかどうか。

やはり、これは鷹・まことが居なくなった分
フィジカルコンタクトが強いメンバーが消えたことで。
崩せる小島を前線で点を取りにいけるかって試しだったが。
結果は散々。逆にプレスにすぐに巻き込まれ成すすべ無し。

結局、点を決めたパターンは今まで同様
ドリブルで持ち込んで流れでシュートだった。
自分が止めて態勢をつくることが出来ないのだ。

結局、この案は失敗で後半の試合からは小島は上げても
右のアラの位置にしていた。それから4点ばかし決めたけど。
おそらく、本番ではこれはやってこないのは明白だろうと
思って自分はあえて書かなかった。ということにしたい。

で、もう一つ。自分が上げたいのがGK河辺の失態ぶり。
この人、ホントにゴレイロってくらい。
彼女がFPに出たことでよりわかったんだが。
(元木がGKをやり、彼女がCPということでワンバックで。)
彼女、周りに指示を出すのは理にかなっているんだけど。
いざ、自分の目の前に展開が来ると全く反応できてないのだ。

後半。小島をピヴォで起用したことで。
カウンターをされると全く戻れないサブクラスメンバーの
カレッツァでは不利的状態なのだが。

ただ、相手は奪ったばかりでそれほどスピードは無いのに。

本来、この場合は少しでもフィニッシュ態勢を遅らせ
味方の戻りを作ったうえで勝負するのが最善策だが。
そこで河辺はすぐに飛び出していくのだ。
それでいて飛び出しといってもエリア内で体ごと行くだけ。
で、相手はひょいと交わして空っぽのゴールに
ゆったりボールを流すだけ。→失点。

このパターンで河辺が全失点に絡んでいる。
GK時に2点。FP時にも2点やられている。
勢いに乗ってキックでクリアなんてのも全く無いというか
彼女のFPでのボール捌きを見ていると出来ないのである。

それで小島は状況が悪くなり焦ると
持ち込んでシュートという得意のパターンの精度も落ちる。
もちろん、マークに着かれているのもあるが。

八千代でのファンタ戦も振り切っているのに。
シュートはサイドネットで全然得点の匂いがしなかった。
逆にAグループは守り重視のチーム。
これで点が取れないで2試合とも引き分けになる
可能性は無くも無いって情勢。

これで、HORI-ファンタがどっちか勝てば
カレッツァは1位通過じゃなくなるのだ。
一応、前回、女王のカレッツァだがそうとう厳しい気がする。

ただ、一つ言えるのはカレッツァの守備の約束事は
主力級で固めた時は堅いので今回も守りで固め
少ないチャンスで点を取るって戦術しかないのかもしれない。

◆FANTASISITA
これはGatas×Gatasさんが書いたとおり。

この1週間で青谷がトラップ技術があがったかに掛かると思う。
彼女は動き回れるのでウィングとしては抜群で。
スペースへの動きはすごく良いのだがきちんとした
ボールコントロールが出来ないのだ。

逆に言えば、新規参入の丸山さん
http://www.professionalmanagement.jp/fantasista/maruyamaaoi.html

彼女がもっと技術をつければシューターとして生きると思う。
うわづえと精神力が高いので試合感しだい。
実際、八千代では彼女はスタメン起用率が高かった。

これに奥谷のファンタの壁と山口のKO(キックオフ)レンジ
シュートという公算が強いだろう。

もし。例の2番が出た場合はこのチームは組み立てという
武器まで持ち合わせることになる。出る可能性は大いに低いが。

といった感じであろう。
スポンサーサイト

Comments

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。