Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記<br> 2007年02月
Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記
Top | RSS | Admin
ハロプロフットサルチーム「Gatas」の情報雑記ブログ。
他にもガッタスのライバルチームの動き。
自分のサッカー雑記を中心に書いていきます。

FC2ブログ
本サイト&ブログの総観覧数 
無料アクセスカウンター
出会いの研究所SEO
・SEMアクセスアップ
SINCE 2004.11.03
ブログの観覧数

SINCE 2005.01.16
試合・選手データは本サイトで

接続環境によりはてなダイアリーにてミラー版を作成しました。

2006・ガールズフットサルアウォ-ズ投票受付中

2005・ガールズフットサルアウォ-ズ結果

2007-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋サルプレシーズンマッチ・レポ2

さて、前置きや開始前のことを書いたところで。
さっそく、試合の方に参りましょう。

第1試合:J.b-Good
まず、TEAMGoodからの入場。
福田が居ない。渋谷もいない。ゴレイロが居ない。
しかも人数は8人しか居ないの「ないない」づくし。

それに対してメンバーが16人全員揃うという大所帯のJ.b
ただ新しい入場テーマが何の曲だったのかさっぱりでした。
それはGoodにもいえることなのですが。

前半スターター
・Good
ゴレイラ:#7・榎並
フィクソ:#4・則島
左後アラ:#6・石渡
右前アラ:#15・山本
前ピヴォ:#9・Saly

ゴレイロが今までFPの急造ゴレイロ・榎並。
その象徴が2ndのFPユニでゴレイロユニじゃなかったこと。

・J.b
ゴレイラ:#2・あじゃ
フィクソ:#5・郡司
左前アラ:#9・川島
右後アラ:#4・丸居
前ピヴォ:#7・石原

大田区感謝祭のスタートと全く同じ布陣でスタート(キーパー以外)

まず、Goodの選手交代は全く把握できてません。お許しを。

最初は運動量もあってかGoodもボールに寄せにくるのと
大田区よりも狭いスフィア仕様ピッチで前回に出来た
パス回しがダイレクトタッチにならずチャンスもほぼ無し。
まして、後ろから作ろうとしてもタッチ数や1回の持ち時間が多く
あっさり、外出し・奪われに至ってしまった感じがあった。

前半4分
J・#4・丸居⇒#10・小山田
J・#9・石原⇒#6・小杉
J・#7・石原⇒#9・川島

小学校からの経験者の中学生・小杉が大田区の時、同様にピヴォで。
大田区には不参加だった小山田もサッカー経験者という補強組。
(川島さんの同じ事務所の秘蔵っ子的で今の主導を感じる光景。)
この2人が入ったことで一気に試合が動き出す。

前半5分、足の止まりだしたGoodのスキを
右サイドの小山田がサイドを突破。DF人数の足りてない
Goodに対し前に左に走りこんだ小杉に流して余裕のゴール。

前半6分
J・#9・川島⇒#3・優木(アラ⇒フィクソ)
J・#5・郡司⇒#11・影山(フィクソ⇒左アラ)

左にボールの受けが出来る影山が入り左サイドからもパス
ドリブル・ミドルレンジからのシュートというオプションが加わる。
昨年のケガから左をかばいながらの面があったが
右での鋭角に蹴っていくキックもするどくなっていた。

左からの攻めも見られキックインを影山からという場面が
多かった面からも左サイドの攻撃も見えた展開に。
優木もその背の高さを生かした存在感でGoodに威圧感のDF
ピンチらしいピンチも無かったので事なきを得る。

そして、このまま前半終了。1-0で折り返す。
J.bはこの時点で9人制ルールを遂行完了。


後半スターター
・Good
未確認です。

・J.b
ゴレイラ:#1・三宅
フィクソ:#3・優木
左後アラ:#11・影山
右後アラ:#10・小山田
前ピヴォ:#4・丸居

後半は前半終了時のセットにゴレイロを三宅
大車輪で動いた小杉を下げて昨夏にピヴォだった丸居に。
丸居がピヴォに前でいろいろ動くことが出来、本人にも合っていた。

後半2分
J:#3・優木⇒#5・郡司

フィクソが郡司に戻ったこと+ビハインドで前掛かりになるGood
J.b陣内で危なっかしい奪取でGoodの攻撃シーンもあったが
結局、シュートやボールコントロールの皆無で救われて感も。
それによってオーバーラップに入った郡司のカバーにも
守備意識のある影山がフィクソの位置にフォローアップできてたのは
フットサルを頭でも理解できている証拠の動きが見えた。
(おそらく放送では乗っからないと思うので。)

後半4分
J・#10・小山田⇒#2・あじゃ(アラ⇒ピヴォ)
ここで、丸居が右アラに下がり気味になる。

あじゃ・郡司のセンターラインと後半のスターターが疲れた頃

後半6分
J・#11・影山⇒#9・川島
J・#4・丸居⇒#6・小杉

エース小杉の投入でやっぱりゲームが動き出す。
交代してすぐ足の止まったGoodの選手を中央から
小杉から左へ切り込んだあじゃがDFと競りながら右へ流す。
一度、DFにはじかれるもそのこぼれ球の行ったところを
フリーだった川島がうまくミートさせて2点目をゲット。

で、トドメは完全に勝負を捨てた感もあるGoodに
右サイド10m位置から小杉のトーキックが決まって3-0で終了

・総括、評価点
J.bがスフィアの先輩の意地を見せれたゲームではあった。
しかし、全得点に絡んでいるのは新戦力の小杉。
むしろ、先発組はアラ⇒ピヴォに途中変わった丸居や
2点目を決めた努力の川島くらいで崩しや繋がり・真っ向勝負
それを結局、16分のゲームでは感じられなかった。

宇津木コーチの談話にもあったがまだチームとして繋がってないらしく
これから適正や能力を判断して戦い方を決めたいと話してた。
むしろ、交代メンバーから試合に出た組が勝利に貢献したに等しい。

Goodはメンバーを全部把握できてないので評価は控えます。
ただ、0点・3失点。ビッグチャンスも指折りあったかも微妙なので
評価は及第点以下、本当に今シーズンに完全参戦するならば
昨夏のような本気度と主力選手の復帰がないと厳しいということで。

J.b出場選手評価点
(ここでの評価点は及第点を10点満点(及第点6.0)とします。)

1・三宅:6.0
2・あじゃ:6.5(+0.5)
3・優木:わずかの為、採点無し。
4・丸居:6.0
5・郡司:5.0
6・小杉:7.5
7・石原:5.5
9・川島:6.5
10・小山田:7.0
11・影山:6.5


優木もサッカー審判員・バスケ経験者と適正者ということだと。
と、これが全出場選手・10人で6人がベンチのまま。
(16人居るからしょうがないけど出す気も無かった感じも。)
他の新人6人が今後のモチベに影響が出ないことを祈ります。

あじゃはキャプテンシー評価で攻守参加の度合いで及第点越えは4人。
ゲームとして膠着してた先発センターラインは及第点未満。

とまあ、こういう風に長引くレポになりますが
こんな感じでプレシーズンマッチを振り返りたいと思います。

次回のマッチレポは「ミスマガ-シューターズ」
公開練習時の状況も含めてお伝えいたします。
スポンサーサイト

恋サルプレシーズンマッチ・レポ1

今日はガチのフットサルをやってきたり
見たりしていろいろと身にしみた管理人です。

夕方に実際、やってきて、夜は競技チームの練習を観戦。
練習というよりセレクションのための選考ミニゲームだったので
いやはや普通にすごいなとまざまざと見せ付けられました。

さて、本日よりプレシーズンマッチレポです。
当日、並び状況が読めない形だったのではあったので
早めに会場入りも考えていたのですが野暮用で遅くて
14時前に来たんですが50人くらい。ワンセグは10人だけ。

それが15時になったら人も来て本芸クオリティで
一般入場の列は混乱の渦ってことになってました。w

で、15時半にワンセグ入場、30人だけ。
実に争いもゆったりな状況の中、このワンセグを生かして
サポーター席争いにしっかり枠を取れた側と
取れなかった側にくっきりと分かれましたね。

で、ワンセグ組だけの特典は第2試合の
ミスマガ-シューターズの公開練習があったこと。
これについては

自分は友人の席の確保といろんな準備を完成させ待つだけ。
ってことで、一般入場組も入り動員数は約900人かな。
ってことでいよいよスタート。

福永アナがMC・インタビュアー・実況を全て担当。
関係者席側ではフジの他のスタッフや青嶋アナがいました。

ってことで第1試合についてはこの上で。

恋サルプレシーズンマッチ・試合結果まとめ

・応援も試合のほうも同じパタの繰り返しじゃ形にならないもの。
・ある程度の関わり合いを持とうとすることもしないと滅裂。
・定期的に行けるものが強いのを持ておろそかなのはそれで終われ的。

以上、3点を身にしみた管理人です。
さーて、3・4月は計画的に出向いていかないとな。
で、ナンダカンダで5月4日(金・祝)にスフィアリーグの
2007~のシーズン開幕戦も最後に発表されました。

初の休日開催が実現したということになりますが。
まだ2ヶ月もあるのである意味での修正や向上点というのが
今回の試合から見えてもあり、現状の実力を見えたかなと。

この2ヶ月を中途半端にするのか決着をつけるのかっていうのも
今日、参加しなかった・出来なかったチームには
見せて欲しいなという感じでいい雰囲気で開幕できたらなと。

その点からか試合もスコアレスになる展開はなく
各選手の攻撃に対する力が存分に出てきたいい試合でした。
今回に関してはレポの書きがいがけっこうありますので
739のダイジェストや地上波放送でのダイジェストも先なので。

今後は久々の更新充実強化週間としまして
各試合をしっかりマッチレポしたいと思っております。
もちろん、ゴールシーンや選手交代時間帯・戦術面・動き方を
しっかりメモリングしてきたのをお送りいたします。

この各試合レポにて各チームの変わった点(ユニや構成)など
選手交代の流れまでしっかり出して行きたいと思います。
選手交代でのチームの貢献度も今回は評価点を出したいと思います。
もちろん、普通に観戦面でのレポも書きたいと思います。

とりあえず、今日は全5試合の結果をお送りします。
ゴール者(アシスト者)でGOAL者を表記いたします。
なお、第1試合のみ8分ハーフ。第2~4試合が10分ハーフ
第5試合が15分1本で、5分間の延長戦の措置もありましたが
結局、全て時間内で決着する試合となりました。


第1試合:J.b-Good・3-0(8分ハーフ)

・前半6分:J・小杉(小山田)
右サイドの小山田が相手を置き去りにして
フリーで左に入った小杉へ折り返して鮮やかなゴール

・後半6分:J・川島(あじゃ)
小杉の抜け出しから左あじゃの右への折り返しを
相手DFでコースが変わるも右ゴール前にこぼれ球を押し込む

・後半7分:J・小杉
完全に最後、足が止まり穴の開いた右サイドからの
10mトゥーキックシュートがキーパーも触れられず。


第2試合:ミスマガ-南葛・1-2

・前半5分:N・松原(松本)
吉川のキックインを松本がポストで落とし左から回りこんだ
松原がダイレクトでニアにあわせたゴール

・後半1分:M・西田(PK)
吉川がペナルティエリア内でスライディングでPK
西田という不安の中ではあったが右ポストに向けて突き刺した。

・15秒後:N・松本(松原)
キックオフを松原が右をえぐり、左ポストに流れた松本に
すぐに絶妙なワンツー落としをボールが右サイドの松へ行き
ファー流しのパス気味シュートを松本が押し込む。

第3試合:XANADU-ファンタ・3-0

・前半4分:X・MANAMI(松本)
右サイドコーナーに流れたボールをキープした松本に
かりん・奥山がケアしに行ったのが軽率に交わされ
ピヴォのMANAMIに渡ってボールは無人のゴールへ。

・30秒後:X・松本(MANAMI)
松本→MANAMIのワンツーで右を鮮やかに切れ込みシュート

・前半6分:X・小由里(FK)
小由里がほぼ正面にFKを決める。入ってしまったと本人ビックリ。
田代が相手の壁2枚のブラインドにしたこと
直接に対する備えが全く無かったことゆえの得点だった。


・第4試合:カレッツァ-dream・4-1

・前半4分:C・長谷川(井本)
井本の右からのCKをd中島の裏から抜ける動きで腿にあわせ先制。

・後半1分:C・小島(井本)
先ほどの長谷川と同じような形だが長谷川と小島で撹乱させ
井本はファー側だった小島に向かってややペナルティエリア外側に。

・25秒後:C・井本
d山本から奪った右の井本がそのままドリブルでシュート(速報通り)

・25秒後:d・松永
松永が相手DFを交わして中央突破でシュートを決める。

・後半10分:長谷川(吉野)
ロスタイムに左自陣の小島が吉野にスルーパスし
それを吉野がポストで楔を入れて近くの長谷川に振る。
その楔振りにdreamはなすすべが無し。長谷川が決めて終了。


・第5試合:恋サル選抜-恋サルBLACK(TEAMX):1-3

・恋サル選抜メンバー
赤坂さなえ
溝口麻衣
青谷優衣
松原渓
丸山葵
KONAN
田代さやか
西田美歩

・恋サルBLACK
10:本田朋子
2:小島くるみ(途中寝返り)
12:あじゃ
21:中村真弓
01:丸居沙矢香
0:佐々木蓮
1:三宅梢子
4:高本彩
20:宇津木めぐみ

FP陣で選抜の主力と選抜外のメンバーでは歴然。
恋サルBLACKのプレー振りに感嘆。
dream戦・ファンタ戦で出せなかったメンバーが
いい周りによって持てる能力をフルに発揮する展開となった。

・7分:B・佐々木
得意のドリブルで中央突破しそのままシュート。

・11分:B・丸居(宇津木)
宇津木が中央からドリブルで抜きそれをDFが争って
左前にこぼれたボールを丸居が反応して追加点

・13分:B・宇津木
小島が自陣ゴール前でパスの出しどころが無い状況での
キープを宇津木が奪ってゴール前に流し込む。

・15分:K・小島
カウンターから自分1人で持ち込みゴールへ叩き込んで終了。

最初、この企画を2時間前に↑のBLACK3人の時は
?な企画かなとおもったが試合内容・メンツは文句なしだった。
その絶妙な小芝居のMVPはBLACKじゃない佐々木。
逆MVPは最後の1分で2点リードでも出るのを拒もうとして
さらに最後の小芝居を学芸会にしてしまった本田アナってことで。

ということでいろいろと書きたいことはこれから徐々に。
明日は開場前レポと第1試合をピックアップ。
何か新しい情報がはいりましたらそれも含めてお送りします。

恋サルプレシーズンマッチ速報・第4試合

カレッツァ―ドリーム
走れる・繋げる・合わせられるカレッツァ

走れない・引くしかないのドリームの結果

1点目が井本のコーナーから長谷川がシャドーストライカーになり合わせて先制。

後半、疲れでメンバーを落とさざろうえないドリームに対し
常にフレッシュで入れ替えしても力が落ち込まないカレッツァ

2点目も1点目と同じ形で小島が決める。

その直後すぐ井本が右サイドに抜けるのを
中島がついていくだけ右足で簡単にファーに打たれ3点目

その直後に松永が返すが

最後はロスタイムに自陣左小島の中への
スルーパスに吉野がしっかり落とし最後は長谷川。

4―1、カレッツァの圧勝で終わった。

恋サルプレシーズンマッチ速報・第3試合

ファンタの凡ミスが
目立ちまくった試合。
それよりもザナの前線の動き。
最後のケアをしっかりする後衛に隙は全くなし。

今回は田代でなくディフェンシブな安田が入り
小由里がオーバーラップするシーンもあった。

1点目は松本が借りんとの競りあいを制して
折り返したボールにMANAMIが落ち着いて決めて先制。

2点目は松本―MANAMIの右→中→右のワンツーがあっさり決まる。

3点目は小由里のフリーキックが決まるというよりは
ファンタの直接に対する対応出来てなかっただけ。

かりんは不発。
そうなれば結果はあっさり。

あと、何よりビハインドになった時の
感情の悪さがモロに出た。

但し、青谷の動きがさらに良くなってる。
それだけが収穫。

恋サルプレシーズンマッチ速報・第2試合

ミスマガ―南葛
1―2

数字差以上に南葛の攻撃精度が高かった

松原―松本コンビで
それぞれ1ゴール1アシスト

ミスマガは西田のPKだけという結果

やはり主力がいないということかな。

練習生の8・9番がうまかった。

以上、詳細は後ほど。

恋サルプレシーズンマッチ速報・第1試合

J.b―グッド

小杉・小山田の新生アラコンビが活躍。

8人しかいない上に攻めの主力がいない
グッドはなすすべなし。

前半4分に二人が投入され5分に
右アラの小山田がマークを交してフリーに。
それを逆サイドの小杉に折り返して先制。

むしろ、このあとに報告しますが
大田区の先発組は何してるのって感じ。
むしろ後半に後衛にまわった影山・優木がよかった。

後半に小杉の抜け出しの攻守でこぼれたボールを川島があわせたのが後半6分。

トドメは小杉が右サイド10mから
トーキックで決めて全得点に絡んだ。

結果、3―0。
新生組の攻撃がまざまざと決まった試合になった。

次はミスマガ―シューターズ

恋サル感謝祭に向けて。(その2)

さて、いよいよ明日に迫ってまいりました
「恋サル感謝祭」の各チームの戦力分析の後編と
昨日、書き忘れた「チームX」の予想をしたいと思います。

まずは、第3試合。
・XANADU-ファンタ


ザナはFINALのシリーズ上位3強撃破という
間違いなくNo.1宣言を実証してるメンツがそのまま。
選手の起用法もスーパーサブ・繋ぎ役が徹底されてて強み。

ファンタは7人の戦力に鎌田が戻ることになって
いろんな意味で層不足が一応の解消となるメリットがある。
(鎌田もグレーなサッカークラブ経験者なので。)

1月の感謝祭では12分1本のゲームとはいえ。
見事に相手チームである蹴竹のプレスからパスやシュートの
出してに詰まらされ攻撃機会を自滅な感じの
オフが抜け切れてない試合展開だったのが見える。

そこで結局、主力(経験者)頼りで周りがいても
居てないフットサルになったので周りが生きる勝負が
できた方が勝つのではないかなという感じ。

あと、ザナドゥのいい意味での大幅改革がありそう。
山崎裕太とか西尾監督なんか霞む大きな動きがあるかと思いますよ。
(それが匂わす動きは昨年末からあったはずですから)

・XANADUベスト布陣
GK:中村、フィクソ:小由里、アラ:松本
アラ:田代、ピヴォ:MANAMI
2nd:安田・仁藤・福之上・平塚・早房

・ファンタ予想布陣
GK;奥山、フィクソ:戸井田
アラ:かりん・丸山(佐々木)・ピヴォ:青谷
2nd:萩原・鎌田>藤岡・前野

どっちにしても藤岡or前野を9人制なら使う時間が出る。
層の厚さ・起用法のパターンの多さを考えても
XANADUが有利に思える。


・第4試合:dream-Carezza

まさかの初蹴りがつい先日だったdreamと
練習という面やらいろんな所にサッカーや
フットサルをしてるカレッツァの対戦。

大田区感謝祭で完全にエンジョイモードを出したdream
先日のdreamの高本彩ダイアリーでの初蹴り。
とはいえ、主力のFP陣、宇津木・高本・中島・阿部は
ちょっくらいろんな所でフットサルに関わってるのは如実。

ただ、高校受験とかで居なかったスーパーサブ松永や
それ以外の選手がやってたのかといえばちょっと不鮮明。
ホントの勝負ってことになるとメンツは厳しそうだろう。

昨年の年間王者も間違いなく宇津木・高本・阿部の3人が
ほとんどで取った勝利なので5th・FINALでの
宇津木・高本にまともなプレーをさせると大田区でも
シーズンオフを感じさせない動きでの勝利のキーだろう。

カレッツァは見事な2人の加入がこのプレシーズンマッチで
しっかり浸透できているかがカギになる試金石の試合。
ここで圧勝ってことになると1番手になりえるだろう。

もはや瀬戸・小林・GK除いてもFPも12人となり
これがいい競争意識が出てチームがさらなる活性が出来てるか
あと、それによって小島以外からの得点パターンの確立が
出来ていないという今シーズンに向けての形だろう。

・dream予想布陣(昨年と変わらず)
GK:橘、フィクソ:中島
アラ:宇津木・高本、ピヴォ:阿部
2nd:松永・西田・石坂・山本

・カレッツァ
GK:赤坂、フィクソ:ふる
アラ:井本・小島、ピヴォ:長谷川
2nd:南・富田・吉野・ますき・伊藤・滝

普通の練習環境なら7:3でカレッツァと予想はしたい所。

さて、「チームX」ですが
恋サルの先週の最後で本田アナの動きに注目と。
ということは動くってことは女子アナ関係で動くってこと。

そうなるとってことでレアリーメンバーが絡んでくると予想。
ただ、今、現存で戦ってきたレアリーメンバーはほぼ無し。
でも、それを持ち上げるにはスフィアリーグって名前。
SPHERE=球体。フジテレビで球体がカギを握ります。

ってことでそんな予想であります。
明日は本番、今回は余裕を持って見れそうなので
携帯の厳しさが無ければ積極的に速報したいと思います。

>コメントレス CONTINUE

恋サル感謝祭に向けて。(その1)

どうも、過去のミスをいまさら掘り下げられても的な感じ。
それは笑いで忘れましょう的な管理人です。

さて、恋サル感謝祭の真裏で行われた
東京フォレストでのレディース大会の結果はこんな感じ。
http://creative-life2.ddo.jp/tokyo-forest/kekka/07/ladies_cup/ladies_cup.htm

1位のチームがしっかりとしたチームでって感じ。
あとは得点を決めれる選手の決定力の差が出た感じ。
逆にフルメンバーで臨んだ四谷と何人かいない蹴竹の結果。
ものさし上の結果は現状は計られたってことになるでしょうか。

それにしても練習が無いなりに自主練・自主トレできてる
選手がいるチームがゲームが出来ることの証明なのかもしれない。
本戦に向かうために練習や準備があるのが如実に見えました。

あと、お笑いといえば浅草にわざわざ見に行ってる人が。
http://blog.excite.co.jp/c-ayano/

とまあ、いろいろとあった土曜日だったようです。
そんな自分は仕事で冒頭な感じでしたが笑いと情報に救われました。

さてと、今日と明日は「恋サル感謝祭徹底分析」をお送りします。
今回は前半の非チャンピオンチーム2試合と
「チームX」の予想なんぞを出したいなと思います。

まず、第1試合。
TEAMGoodのチャレンジマッチは。
スフィア昨シーズンシリーズ最下位のJ.b

エンジョイ志向だったファイナルのSPマッチでの
ASAI戦に1-1とミスマガ0-0のJ.bではあるが。

Goodの練習は夏から秋口でやってた猛烈な練習ペースは無く
正ゴレイロの中野が帰阪中・攻撃の1枚核の丸山は負傷で欠場濃厚。

逆にDFラインがごっそり抜けても大田区感謝祭で
小杉という明らかな点取り頼みの選手を補強した点と
しっかり週1~2のメンツが集まる定例練習が適ってる状況。

普通に考えてJ,bがGoodに勝つってのが下馬評。
何が起こるのがわからないのがサッカーとはいえ
ここで勝てないようだと古参チームの存在意義がなって感じ。
(ただ、それが昨冬の迷戦ぶりのままだとって感じ。)

・J.b予想布陣
GK:三宅、フィクソ:影山・アラ:丸居・小杉・郡司
2nd:石原・あじゃ・川島・優木


・Good予想布陣
GK:工藤こずえ、フィクソ:則島・鈴木、ピヴォ:福田・南


・第2試合:ミスマガ-南葛シューターズ
ミスマガ、ここ最近のミスマガ界隈の情報が明確化された。
とりあえず、FINALステージでメンツが出切ったとはいえ。
やはりしっかりやる気のあるメンバーしか残ってない印象。
まだ公にもされていない2007メンバーも練習生として入る程。
本来の主力級のCAP立花と中村・松井の奈良コンビが欠場。

それで自分は耳にしていた中澤の正ゴレイロ化となりそう。
しっかり練習に出てる結果が問われる一戦になりそう。
攻撃は溝口+未知の練習生頼みな感じがする。

対するYJは年末までの大規模練習から1ヵ月半あけたものの
プライベートで自主練・自主的にフットサルをやり順調。
先日のJ.bとの2本マッチも4-1とフィジカルと攻めが
はまったときには強いが不発に終わるとあんな感じである。
ある程度にパターンが読まれないようなしっかりとした
攻撃バリエーションを出すための選手起用が出来るかだろう。

今回、現状のエースである阪本の離脱はマイナスだが
攻撃の駒数は揃っているので全く問題ないだろうと思う。
構図は圧倒的に攻めるシューターズに守ってからの
カウンターのミスマガって展開になると予想。

・シューターズ当日ベスト布陣
GK:野崎、フィクソ:渡部、アラ:松原・吉川、ピヴォ:松本
2nd:KONAN・横山・大櫛・金井

・ミスマガ当日ベスト布陣
GK:中澤、フィクソ:溝口、アラ:加藤理恵、夏目、ピヴォ:西田
2nd:入船+練習生の新人組

普通にシューターズ圧倒的有利の予想。
やはり、立花+1stセットに十分入ってもいい
奈良コンビが居ないのはやっぱりミスマガは厳しいだろう。
期待はホントに経験度がありえる練習生(2007組)かもしれない。

明日はガチの2試合を予想します。



コミュニケーション・モチベーション

♪テンション・ラーション・・・。
ってああいう円陣(エンジン)の組み方を見てると
やっぱ引き込まれるよなって感じの管理人です。

さてと、今日は知り合いがてらとフットサルに行ってきました。
個サルなのにゴレイロでエンジン全開だったり。
でも、ある程度、気心が知れてる方といると意思が通るので
攻守両面でスローイングが出せるのは爽快なものです。
まあ、5ゲームで7失点でしたがそれ以上に9得点できたのかな。
得点>失点になれば勝利ってことになるのは収穫ってことです。
とまあ、自分のフットサル徒然記はこれくらいにして。

Gatasは何も無いですが。まず、人員の補充。
まあ、ここでは何度も出してますが。(過去記事参照)
昨夏のお台場を見るとトップに入ってもいいのでは的な人は
現存、活動してる所から見ればGK1枚・FP2枚いるでしょう。
(梅田<(須藤)・武藤・矢島って所なんですけどね。)

逆に何も発表しないで隠蔽するくらいならはっきりして欲しいなと。
それによってスフィアの動きも変わってくるんだろうしね。
中途半端より白黒ハッキリさせるのがファンにとって一番なのではと。
それをみんなが求めて欲しいってことで26日は向かうのかなって。

今日、フットサルでのスローイングも明確にしていい結果が出たので
何事も中途半端よりハッキリですよ。ってまとめた所で。
明日は別件でいつもより更新時間が遅れると思いますが更新します。

どうやら次へ向かってのいしづえ

さて、まず2月26日の「恋サル」についていくつか。

「恋サル」プレシーズンマッチ試合順の変更
http://www.fujitv.co.jp/events/sphereleague/news/070221.html

2試合目と3試合目が変更となりました。

そして、「恋サル」だけに限らずフジテレビ739での
プレシーズンマッチのオンエアが決まりました。
http://wwwz.fujitv.co.jp/cs/program/7393_305.html

開幕前と前ウチされてる部分はある程度のメドすらも期待できます。
そんな中、Gatas外で参加の無い芸人チームの今後の動き。

ASAIは春にインディーズでのCDデビューというのが概路化。
それで、2月24日にいつもの東京フォレストでの
四谷が参加する大会に蹴竹Gもスポット参戦するらしいとのことです。

どうやら、春の暖かさに端を発して勢いはようやく
芽吹きのようにってことにはなるんでしょうか。

で、3月10日にはなでしこジャパンの
女子サッカーW杯プレーオフに
スフィアリーガーも応援参加するとのことです。

ただ、その日にイベントだったりの人が意外に多いのではと?
そんな日に限って繁忙期のあっしは仕事なので行きませんよ。
ってことで繁忙期前の事前休みが明日と週明けから4日間です。

さすがに続けざまとなると

どうも、眠い時には寝た方がいいんだけど。
なかなか寝付けない管理人です。

さて、「恋サル感謝祭」ですがナンダカンダで
もはやの全員当選状態であるのはいうまもなくですが
とりあえず、ワンセグ枠の方で当選メールが15時に届きました。

で、どうやらチケット待ち受けは一応、転送・添付は
出来ない仕組みらしいのとワンセグは優先入場枠ってことなので
一応の恩恵というものはあるのかなって感じです。
(ところでワンセグで申し込んだのって何人くらい居るんでしょ?)

正直、席格好次第ではあるのですがある程度の
ビジョンを立てて当日は臨めればとは思ってるんですけど。
来月の繁忙期前で月末休みになってたので仕事とか代休とかは
上の空でいい私にとっては早くも遅くも自由自在です。w

さて、今回も「恋サル」ドキュメントで。
さらにもう1週、ミスマガ特集をやるんだとか。
ただ、前日に試合をしてチーム状況を見てしまうだけに
サポの方とかにはいいんでしょうけど。
前にもよくあった事後報告的なものにならないことを願います。

グラビア2人>ファンタイベでしたが。
まあ、タレントのネームバリューを考えたらってことかなと。
ファンタのほうはイベント報告と事務所一押しの青谷でも。
(恋サルNEWSに少しだけ手間を加えました的なもんでしょ。)
まあ、ちょいと残念でもありベーター表記同様の結果ですね。

そんな中、ASAIのCD絡み、南葛シューターズの動きだけでなく
どうやらXANADUは重大な動きがありそうですね。
体制なのか、でも、それを含ませることは昨冬にあったので
自分は大きな指導的かもしくはやる方で大きな動きになるのかなと。

とまあ、昨日の恋サルでは変わったことは無かったのでこの辺で。
また、何か動きがあったら更新いたいます。

いよいよ1週間後

さてと、ネタらしいネタも無い中ではありますが。
いろいろとネタがありますのでこちらでご紹介です。

まず、一瞬修正が掛かりましたがYJシューターズの
編成が若干変わることになるようです。
CAP・スタッフだけでなく新たな選手も入る模様とのこと。
「YJ」の名を前面からは消去するといったことも関わるのかなと。
とまあ、松原渓さんのブログで早とちりの発表だったわけですが
正式発表が出るのを待つのが一番いいことでしょうね。

で、昨年秋あたりから話題のネット投票絡みについて
スフィアリーガーさんで新たにチャレンジするとの情報を
頂きましたので近いうちにそれについても触れたいと思います。

あと、今日は「恋サルドキュメント第2弾」と
もうそろそろ当落の判明ですね。明日に来なかったら
一応の最終手段もあるので見にはいけるわけですがどうでしょう。

とりあえず、今日の「恋サル」で何かまた新しい発表が
少しでも出てくれれば嬉しいなという感じです。

一歩ずつ

今日は雨やら東京マラソンやらで
外はいろいろ切羽詰る中で中でヌクヌク仕事でした管理人です。
ってことでやっぱ日曜に出勤はするものじゃないですね。
普段はみんなが遊びほうけてる時に仕事なんですもん。w

で、そんな中、イベントやら休日を楽しんでるのを
休憩中にいろんなブログで見てる中、自分も欲しかった
人工芝用のフットサルシューズを給料が出たので購入しました。
とまあ、そんな日曜日を過ごしながら。その代理で明日がお休み。

逆に平日の休みを有効利用したいと思います。
で、ナンダカンダで来週になった「恋サル感謝祭」
「大田区の感謝祭」を超えれるようになるように願いたいな。

さて。メールを書いてネットチェックして
今日もフットサルのTV、見ておやすみします。w

逆にアレ=逆にレア

どうも、寝落ちだなんだで更新が滞りの管理人です。

さて、結局、Gatasが出ないことでの拍車なのか
「恋サルプレシーズンマッチ」は普通にチーム内での募集が
ミスマガ・J.b・ファンタ・ザナでチケ募集が入ったわけで
「恋サル」からの応募のプレミア度は薄れそうな感じですね。

まあ、駒沢だからピッチとの距離が異様に近い
仮設席っていうのもかなりいい感じかなと思ったけど。
それが出ることもないのかなって・・・。

で、今日はヒルズやらマリーンの所に行かずに
コアラのある田舎町に行ってきました。

そこに知り合いさんと関東リーガーさんのチームの
ミックスチームが出るってことで。その応援とマネ的役割で。
逆にここまで来るとホントに「好き」な人しか来ませんからね。

実に楽しい1日といろんな話が出来た1日でした。
さて、今日は新宿大混雑の時間帯に仕事に行かねば・・・。
次の日、また休みだからそこでどこかに行こうかとは思いますが。

駒沢の使い道

さて、昨日はどこらかしらで練習とかという
話題を出しましたがそれがしっかり駒沢体育館という
まあ、なんと申しますか会場使用の穴埋めだったようで。

まあ、豪華な練習といいますか穴埋めといいますかですが。
GW杯以来の駒沢なはずなのである程度感覚を戻すきっかけには
ちょうど良かったんではないでしょうかな。

まあ、これで3チームは改めて再始動って感じですね。
一応、来週の今頃にはもう当落発表も出て
行ける状況にはなってアレコレ考えてるころでありたいです。

で、「みうなノート」感想文大会なくらい大好評なようで
ポケットガッタスよりは内容がエッセイっぽく
いま、話題のブログの書籍化のような感じなのもあるのかなと。
そんな私はまだ「みうなノート」を手にしていなかったりします。

ここ最近、忙しくて本屋にもまともに行けてないんで。
まあ、近いうちに見させてもらおうかと思います。

今日はナビを買っていま、拝読してたら
初っ端の出始めにビツクリな感じの管理人でした。

先を見据えて。

ということで昨日、恋サルプレシーズンマッチが決まり
いろいろと話題が盛り上がってきたのかなという感じ。

で、それに端を発してか各チームの練習が動き出しました。
どうやら今回はある程度、サポ感謝祭のようなエンジョイでなく
本当の意味での本シーズン開幕前のオープン戦で感じかなと。

ザナが練習再開。YJ-J.bが練習試合ということが出ています。
試合としての価値があれば見る楽しみが出るというものです。
ただ、やはり力差でありオフの過ごし方が出てる印象です。

さて、GW杯の白紙での2週間分の「恋サル」が
密着ドキュメントってことになってる雰囲気ですが。

時東・小島の2人をフィーチャー。
来週はYJ阪本・ザナ田代の未経験者からの選抜実績組と
ファンタということで尺取りは1ケース10分程度。
なんかこのテイストはかつてのガロッタステイストって感じ。

それでも追っかけてるのが普通にスポーツドキュメント奈感じで
ある程度、いいものが今週分に関しては出来てるなという印象でした。

小島さんの「ミア・ハム」が絡んだ話や
完全にガチガチの「スポるたん」の仕事風景とか
それでいて「invio!」の方は慣れがあったりとか。
仕事の熟練度もわかるヒューマンドキュメントだったなと。

まあ、これは来週までだからいいでしょうけどね。
これが終わった3月からは恋サル感謝祭の模様でしょう。
恋サル感謝祭での反応が今後の展開になるのかなと思います。

で、その感謝祭Gatasが感謝祭に出ませんが
やはり7人というゲームメイク出来るほどの
プレイヤー頭が無いのが要因な気がします。

とりあえず、新シーズンが始まるならば
おそらく開始は4月になるのではないかと思うので
そこへ本当に向かって”楽しめるな”というようなイベントに
(「行ってよかったな。」もしくは「新たに何かを得た」)
していけるようなのが必要なのではないかなって思います。

これは競技フットサルのFリーグにもいえるのかなって。
ってことでコメントレス1件 CONTINUE

2007・プレシーズンマッチ詳細決定

恋サルプレシーズンマッチアップ発表
http://www.fujitv.co.jp/events/sphereleague/news/070213.html


Gatas+芸人事務所系3チームの4チームが
不参加という構図で行われることになりました。

まあ、この状況はつい先日に聞いていたので
なるほどって感じではありましたが。
来シーズンはきちんと出来るかの試金石カード。
では、今回の対戦カードはガチとなりえるカード。


<対戦カード>
第1試合 Team Goodスフィアリーグチャレンジ試合
 Team Good × chakuchaku J.b

前回あったリザーブ+Goodの構図に更なる感じ。
昨シーズン最下位と新規参入という組み代わり戦の様相。
J.bは完全に新チームとして機能できるか。
Goodも正GK不在で守備面の不安露呈がこの前の
恋サル選抜戦でもあり主力は未だに変更なし。


第2試合 スフィアリーグチャンピオン対決!! 其の一
 FANTASISTA × XANADU loves NHC

昨夏・昨秋のタイトルチーム同士の対戦。
この前のサポ感謝祭ではガチに入っての結果ながら
中途半端に終わった感じでイベントが終わった現状から
新シーズンに地力がどこまで出せるようになるかの勝負。


第3試合 因縁のグラビア対決
 ミスマガジン × 南葛シューターズ

GWカップ予選以来の対決も南葛”YJ”の名は
無くなったのか誤植なのかどうなのかのダービーマッチ。
ただ、成果的にはYJの方がチーム層がしっかりしている状況。
ミスマガは絶対的エース以外の選手が力をつけて
2007年型のチームになれてるのかの勝負になるだろう。


第4試合 スフィアリーグチャンピオン対決!! 其の二
 carezza × TEAM dream

前回の感謝祭はエンジョイだけで見せなかった年間王者
さらなるメンツの強化で総合的に上がったカレッツァ。
5thの時のギャンブルライクから生まれた
名勝負がプレシーズンでも見れるようになるかだろう。


第5試合 恋サルスペシャルマッチ ~オールスター対決~
 恋サル選抜 × チームX

恋サル選抜はスフィア選抜と違うものなのか。
(放送であったメンツになるのか否かですが・・・。)
チームXは予測ではスフィアでの女子コーチも増えたので
女子コーチ選抜との対決というのが一番妥当な線なのかなと。

ということで、普通に1試合に30分の尺で
5試合で3時間弱ほどってこと感じで収まりそうですね。

まあ、対決的には自分はこういう見方をしてるってことで。
これについてちょくちょく情報や方向性が新たに発見できたら
また、情報とか思いが出来たらまた更新します。

恋サルは2週間ほど密着ドキュメント企画だそうで。
それについてはまた追々とやって行きたいと思います。

やってナンボ

今日は天気も良かったので
結局、外でフットサルに参加した管理人です。

まあ、1月末に風邪で体調を崩して久々にまともな
フットサルをやれたわけですが1ゴール3アシスト出来たのと
サイドで流れる前線が出来たのは自分的な収穫です。

で、そのフットサルやらに夢中になって
今日のTVをすっかり、録画し忘れました。w
とりあえず、知り合いに頼んで録画のDVDもらおうっと。
(地上波だからまあ、大丈夫でしょう。w)

で、今日でいちおうの3連休が終わりまして。
また、普通の日常の日々になるわけで各所のイベのレポが
明日ぐらいにはちょこちょこと上がってくるのかなと。

で、明日にはいちおうの恋サル感謝祭の概要が発表ですね。
とりあえず、それがわかったらまた更新でもします。

ここ1週間前からサカつく5を買ってプレー中です。
仕事終わって2時間くらいしか出来ないので
なかなか進みませんがとりあえず2年目でJ1奮闘中です。

まあ、こちらもちょくちょく頑張ります。そんなところです。

どっか行こうかな。

どうも初の休日出勤にテンテコまいまい状態の管理人です。
まあ、ここ3週間、土日休んだんだからしょうがないですわ。

今月の前半は頑張って2月の末に休んで
3月はまた繁忙期という新しい仕事状況です。

と、前置きはおいといて。

3連休のイベントやら舞台・ライブにまったくいけない
ちょっと植物的な状況なのでなんか交流不足とか
楽しむことがちょいと不足気味なので明日は
どっかのイベントやらに参加でもしてみようかなって。
せっかくの3連休が出不精で終わるってのも何かひけるので。

で、ここ最近ネタも無いわけですが。
とりあえず、恋サル感謝イベントでのマッチアップ。
世に言う参加チーム・参加選手体系が確定しだい動きようが無い
というのが本音だったりするわけでして・・・。

まあ、ある程度、参加はするんだろうなのチームはありますが
それがしっかりとどの色合いをするかでこちらの
ブログの投稿の方向も変わってしまうわけなんですよね。

あと、何気に新選手や移籍やらでメンツ・背番号の変更などが
行われているので26日に新シーズンを発動させることが内定なら
スフィアの公式サイトもそれにあわせたものにして欲しいなと。

まあ、頭の中ではもうすでに選手名鑑が出来てるのですがね。
気が向いたらそういったのも更新しようかな。
あ、あと、2006アウォード詳細を出し忘れてました。
近いうちにアップでもしようと思っております。

ってことで明日はゆったり休みを楽しみたいと思います。
で、今からスカイAの「スーパーフットサル」を見て寝ます。

春に向かって

フットサル練習の頻度を上げている今日この頃ですが
この連休は仕事のため、今日は休載します。w

連休は仕事なのです。

さて、一応次のスフィアの試合というかイベントである
「恋サル収録試合」が決まったわけですが・・・。

それに伴っての練習がYJやらミスマガ・J.bなどなど。
ある程度、動きが見えなかった所が再開やら本格化してます。
といっても連休はけっこうスフィアリーガーさんが
各所のイベントや舞台(ライブ)などに出るといった事が
多いようなので本業が終わって連休明けが本番ということでしょうか。

残念ながら、自分は連休中は仕事になってるのでどこも行かないです。

ただ、この2月で4月からシーズンインとかって話題が出ないと
今回のプレシーズンマッチという名目も水の泡になりかねない状況。
まずは「見てもらう」という環境を作ることが大事で。
これによってどういう風な歩みをするのかということでしょうか。

でも、出来たらこの3ヶ月の”間”が足並みをそろわせるように
出来たのかといえばサポ感謝祭をやる前までの方向性は違っていて
むしろ、選手間では方向性が揃っていたってことでしょうか。
なので、今回は足並みが揃ったことをスフィア事務局が作って欲しい。

ある程度、選手の声・ファンの声・チームの裏方の声
事務局側の声が揃うようにディスカッションとかして欲しいな。
なんか未だにある閉塞感を取り払ってもらいたいですし。

どういったものになるのか不安を持ちつつ無料の良さで
いろいろと出来たらいいなと思います。

「恋サル収録」って形で。

2月26日の詳細が決まりましたね。
http://www.fujitv.co.jp/events/sphereleague/news/070207.html

詳細は次週ということですが。

ようはこんな状況ではチームとして参加するのかしないのかって
いうのがチーム間にありそうな気がしますね。

今回はプレシーズンってなわけですが。
ルールや今後の展開の統一を図るべく試合は
出来ればガチでっていうのを見てみたいですね。

今後はそれにむけてのチームの練習について
各所で発表されていくところではないでしょうか。

とりあえず、26日界隈が仕事の関係で休みになってたので
問題なく観戦できてしまうところなので21日〆切なんですよね。

果たしてチームの出演状況と無料でどこまでお客さんが
来てくれるのかってところが注目なところです。
会場借りても無料にすれば使用料は安く済んじゃいますからね。

で、「恋サル本編」はdreamの振り返りと
あさみ・みうなの最後のカレッツァゲームについて。
サイドをほとんど攻められる所だったGatasって感じ。
カレッツァもサイド攻撃が主体になっていた感じ。

でも、普通に主力でやりあったカレッツァは
1stセットに赤坂・富田・井本・小島・長谷川で
やはり選手層の厚さという感じなんでしょうね。

公開収録試合でどんなマッチアップになるのかは不明ですが
それはいいマッチアップを期待したいと思います。

ムシの知らせ

さて、’07シーズンのスフィアがまだ発表されずに
延々と時が立っているわけですが・・・。

駒沢の予定の14・26日のうちに26日が
先日のカレッツァのイベントの中で26日に感謝イベントを
行うとのことが言われたとか言われてないとかで。

でも、本来なら14・26日でカップ戦をやるつもりだったのが
結局、チームや事務局・出資側の折り合いが付かずに
こうなったというのであれば26日があったと仮定しても
それが手放しで喜べるイベントかはちょっと疑問視も出ます。

まあ、とりあえず感謝祭に行った者からすれば
ある程度のチームの現状とフットサルをやる本気度。
モチベーションがスケジュールからも感じれたわけですが。

どうやら今晩の「恋サル」ではGatas今季始動とのことで
ここで何かの発表がなされるのが一番いいのではと思います。
あと、カレッツァイベントにはGatasにも関わることが明かされ
それについても今回、発表が出るのであればという矢先に。

ポケットGatasの第2弾や先日に告知があった
「万才!フットサル2」とか以外にも更なる展開がある模様。
Gatasとブランドをフルに活用する時が来た感じがしますね。

まあ、今日はおおまかなことで詳細発表が出たらまた更新します。
おかげさまで明日は3連休が仕事となるがゆえのお休みなので
今日は夜更かしとかゆったり明日は家で休みたいと思います。

あと、ちょうどいい具合に明日の夜にCS・Jスポーツ1にて
先日の全日本フットサル選手権の決勝の放送があるんで
ゆったりまったりと観戦でもしようかなと。

ってことで、今日はこのへんで。

見て学ぶもの

ピッチ上に変人は居てもいいですが。
スタンドに居るのはどうかと思います。

ってことで、この日も全日本フットサル選手権でした。
3位決定戦・決勝戦も熱のこもった一戦で充実感と
終わったあとの虚無感になり家に帰ったらバタンでした。

とりあえず、勝ち上がりの妙で府中vsFリーグという構図の
決勝・3位決定戦となりました・・・。
まあ、完全に駒沢は関東リーグチームのホームでした。

・3位決定戦:ファイル対マグ

ファイルの前半で畳み掛けた後に詰めの所でつまづくという
まだ見えてくる若さゆえの追いつかれ方で一時同点になるものの
最後は経験のある布陣が力で押し切っての勝ち越しで3位に。

マグはむしろ開き直って前プレをかけてペースを取ったものの
同点になって落ち着いてしまうという感じの印象も。

それでもこの関東・関西王者の意地はこの次の地域CLでも
見れることが出来るので少々の休養後にどう変わるか次第です。

で、決勝までの間にいろいろとスフィアリーガーの方々が。
ちょくちょく見かけることにこの日もなったわけですが。
2日連続で来てたのは結局、2人という結果はどうなんでしょ。

・決勝:大洋薬品/BANFF-府中AFC
大洋薬品の応援隊vs関東サポ全てを巻き込んだ府中の応援団。
府中の応援団は昨日の準決勝以上に趣向に飛んでました。

試合はガチガチの試合とは裏腹に序盤は共に慎重に。
そんな中、わずかなフリーの隙を右45度から
BANFFの山田ラファエルが突き刺して動くかと思われた
試合は前半は結局、まともに動かずじまいに・・・。

で、後半に動きのあるプレーがカウンターの処理のあやで
府中の宮田がキーパーエリア内でハンドの1発レッド。
しかし、そのFP3人の状況の府中がキーパーからの
ロングスローをキープしてFKをわずかに開いてる穴に決めたのが
代表でもFKをコントロールする前田。

1-1となり盛り上がる会場の中で府中がパワープレーの
数的不利をしのげば一気にくる流れを渡さなかったのが
BANFFの森岡-ボラのライン。累積のマルキーニョスが
居ない中でもこのコンビでしっかりと点を決めたことで
一気にBANFFが畳み掛ける所に持っていき3点目を決めた。

この勝ち越しの瞬間、アリーナ席で戦況を見守っていた
累積警告のマルキーニョスの所に駆け寄るピッチのメンバーに
プロでやってるもの同士の絆を感じた瞬間でもあった。

府中もその後にパワープレーに出るがボールをゴール前まで
運んだ時にはBANNFの定永が気迫のセーブをし
ミドルレンジがせっかく空いてのシュートはすべてふかしに。

グランダーで強烈なパワープレーが入れなかったことが
この勝負をそのままBANFFの堅いDFを脅かせなかった。
優勝の瞬間・選手の喜びの爆発と共に安堵があった。
これは3位決定戦で今までの出場で常に優勝戦線まで
残ったファイルの選手たちにもあった。

喜びと悔しさと安堵をこの5日間全て見てきて
フットサルに情熱を燃やす選手たちのエネルギーを
しっかりと感じれた5日間でありました。

それはプレーでも喜怒哀楽を見せる姿においても
このそろった環境が如実に見えるようなそんな試合や大会が
今後、もっと多く見れるようになれればと思いつつ。

昨年末から1ヵ月半に渡った競技観戦の
HOTWEEKの終了でゆったりとしていきたいなと思います。

これこそ最高峰。

今日は駒沢でした。大崎やら秋葉原やらに行かずに。

全日本選手権の準決勝2試合でしたが。
見に来てる人達がまたまたすごいことすごいこと。

やっぱりいいハコでやると満員のお客さんの鼓動が
しっかりと熱いハコになることをまざまざと見せ付けられた感じ。
それにふさわしい準決勝の2試合になりました。

・第1試合
大洋薬品/BANFF-FIREFOX
最強のプロ-最強のアマにして監督・選手間に
過去の因果関係が含む一戦はプレーでもアピールでも
プライド出しまくりの一戦になりました。

最初は前プレでペースを掴んでFIRE先制も
徐々にリズムが崩れてミスになった所を逃さないBANFF
そこを突いて来るのがプロというところ。

とりあえず、BANFFは完全に崩してやられたFIREでなく
最後にパワープレーで意地の1点を返してくれたこと。
この対戦は3月に地域CLでもう1回見れるのを期待しつつ
4-2という内容にも会場中が熱狂の拍手を送ってくれたこと。

最初の新たな伝説となる対決はBANFFの勝利で
プロとしての初タイトルに王手をかけた。が、
このチームから代表メンバーが1人も呼ばれないのは色なのかな。

・第2試合
府中AFC-MAG’sFC

それぞれの地域代表の意地が出たゲーム。
組織的に強い府中と攻守とも粘りのある関西王者マグ。

マグのプレーは大阪で見たときに選手層の厚みから
各選手への負担が減った分、1stであるメンバーの精度が
ある程度は常時損なわないパフォーマンスが出来るようになった。

府中は代表・補強組+生え抜き組のかみ合いがしっかりして
今、もっとも日本代表のメンバーがそろっているチーム。

最初は見事な宮田-小山剛の抜け出しゴールで先制。
相手の5ファールに完山のミドルなどで3-0で
府中がリードで前半を折り返す。

でも、その関西の意地を見せたのが関西の左足の魔術師岸本。
フリーで放たれたアウト気味のトゥーは芸術的に吸い込まれ反撃。
この一発で府中が完全に浮き足立った戦いぶりになった感じ。
その後に3-2で追いつき府中も5ファールとなり。
残り8分、畳み掛けるようにパワープレーで一気に勝負。

まさかのキーパープレーでの退場で4-2に広がった時も
その後の勢いはパワープレーの精度が高さと意地のマグだった。
しかし、逆に追いつかれて戻ったのが府中だった。

結局、延長まで持ち込まれ最後はお互いのファールトラブルの
第2PKをしっかり決め込んだ府中が勝利を決めた。
とりあえず、いろんな選手・スフィアに絡んだ人も後ろに居ました。

なんか久々に満員の熱気だらけのフットサルにどっぷりでした。
今日は特にイベントにも行ってないのでここらへんで。

新たな時代の幕開けへ

とりあえず、2月はこのためだけにしたくはないな。
という感じの管理人でございます。

1月の感謝祭もとりあえず終わって次の大会は
2月にホントにやるのかってのを選手間やスタッフ側
公式にまでまったくも出ない状況からもう2ヶ月がすぎ。

相変わらず、卒業してもフットサルしてたり
まだチーム練習が無く他のチームとやったりと
まあ、早いところ目標を見据えたいものですよ。

とりあえず、例の日付は休みを申請しているので
なんとかなるっちゃなるんですが。バレンタイン以外はね。
まだ正式なものが出てこないけど準備だけはってことです。

さて、どうやら来週の「恋サル」のタイトルが。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/koifutsal/

ガッタス始動。ドリームマッチですか。
前回から話題になってるGatas-カレッツァかなと。
早いところ新しいシーズンになって欲しいものです。

さて、新たな時代ということで明日は全日本フットサルです。
とりあえず、今回は駒沢なので人口密度高くなりそうです。

フットサル元年の幕開けを告げる4強の戦い。
まあ、予選から今回は見に来たわけですが
だからこそ強いチームが勝ち残った感じで納得の4強です。

チーム・選手・監督・コーチ間での因縁関係が
どのチームにも関わってる対決というのがここにあったので。
http://www.famispo.com/famispo_vendor/3101/news.cfm

とりあえず、盛り上がりが今後にいきて欲しいものです。

これからのスフィアの動向。

さて、この1週間の間に。

GatasのホームコートでGatas-Carezzaの
あさみ・みうなの引退試合を兼ねた練習試合が行われたようで。

Gatasも9人全員が集まっての試合だったり。
で、日曜日にはカレッツァの小島・長谷川で
あさみ・みうなの卒業コンサートに行ったりして。

そこでは卒業で紺野さんが出てきたりということで。
関西に行ってたのでなんですがこんなのならコンサートも
かなり内容がよかったようなので久々に行っても良かったかなと。

卒業式も内容が非常に良くGatas界隈メンバーが
いろいろな場面があったようで感慨深かったようで。

とにもかくにもあさみ・みうなさん、お疲れ様でした。
選手としても芸能人としての活動の最後は残念でありますが
これからがいいものであってくれることを願ってます。
また、フットサルは出来るときに続けてくれれば嬉しい限りですね。

さて、そんな中での各チームの動向なのですが。
コーチ陣の退任やら。(J.b袴田・ザナの山崎など)

で、ASAIは大会終わった後にも練習をして個だけでなく
組織でプレーできるように展開中だとかってことですが。

いろいろな噂があった2月はどうやらヤミの彼方で。
この2週間であった「恋サル選抜」もメンバー構成はさすがで。
いいパスをもらった時の青谷の決定率のよさと。
中村摂・溝口の個で打開してゴールを取れる技術のよさ。
赤坂のセービングの技術のよさが目立っていた感じでしたね。

そんな青谷は制コレにエントリーですか。
一応、YJ見たんですが自分はいかんせんイメージわきません。
グラビアのイメージになりきれないんですよね。
正直にいうと、どこまでやれるんだか?ってとこです。

で、2007シーズンはまだ見えない状況+番組も大丈夫なのか
リーグ自体がどうなのかって所を早く見せてほしいなと。

試合(大会)の目標がやはり無いと見失うものもあるので。
まあ、芸能活動が出来ている人ならいいんですけど。
むしろ、この2週間はそういったイベントが多いので。
そういった所で面白いものを見せてフットサルに繋げて欲しいなと。

ということで明日(2日夜)から通常更新に戻ります。

気分次第から1週間

どうも、おひさしぶりです。
すっかり2月になってしましたが。

月末はお出かけと風邪引きを長引かせてしまい
見事にネットの世界に舞い戻ったのが今という管理人です。

とりあえずはまあ、スフィア界隈の話題は
この後の話題で触れるとしてってことで今日は2本立て。
2/1・2/2付けってこっとで2本書きでお送りします。
ということで、自分はこの週末は関西のほうまで行ってました。

今年は見たいと思っていた全日本フットサル選手権の
予選ラウンドを見に行くためです。

まあ、予選はけっこうつまらない部分もあるよとある方に
言われた通りの部分もありましたが。
予選があるからこそのベスト8のワイルドカード3枠が
面白かったりする部分が見れたりしてそれもよかったです。

スフィアリーグでもこういったワイルドカードで
進出できるできないっていうのがあれば面白そうかな。

で、日曜はベスト8の1回戦。リーグ戦のあやで
関東リーグ同士のファイルとプレデターの試合が残り一番入り
残り1秒のドラマで勝負が決まるという瞬間でした。

その結果、ファイル-大洋薬品/BANFFの
指導者・選手間。そして間違いなくアマ・プロの頂上対決という
新たな伝説となる1戦になりそうな展開で見る価値はあり。

第2試合は府中アスレ-MAG(マグ)
全国リーグに行ける方といけないほうの対決。
予選リーグでもあたり1-1のドローと実力伯仲。

2試合ともFリーグ対リーグ外の府中市チーム(関東リーグ1・2位)
という今後のフットサルを見る上でどこが強いのかを図るだろう。

で、こちらは関西遠征中は先日の場違いな人達が
いないってのは気分がいいものでいろんな良い出会いもあり。
あと、何よりはおいしいご飯でしょう。
お好み焼き・牛すじ・しゃぶ鍋・ねぎ焼きなど。

とりあえず、たらふくおいしいものも食べて帰ってきました。
まあ、肝心のチーム声援も無事に役目も出来まして駒沢を迎えます。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。