Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記<br> 2006年08月
Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記
Top | RSS | Admin
ハロプロフットサルチーム「Gatas」の情報雑記ブログ。
他にもガッタスのライバルチームの動き。
自分のサッカー雑記を中心に書いていきます。

FC2ブログ
本サイト&ブログの総観覧数 
無料アクセスカウンター
出会いの研究所SEO
・SEMアクセスアップ
SINCE 2004.11.03
ブログの観覧数

SINCE 2005.01.16
試合・選手データは本サイトで

接続環境によりはてなダイアリーにてミラー版を作成しました。

2006・ガールズフットサルアウォ-ズ投票受付中

2005・ガールズフットサルアウォ-ズ結果

2006-08

次のページ

冒険王・決勝大会~現場簡易総評

まずは伝え忘れのカレッツァ―南葛YJは
スコアレスドローでリーグ成績が完全同率になった為
本来なら抽選の所をPK3本で決着を着けることに。

結果は3―1でカレッツァが準優勝となりました。

では、今日の簡易総評を。

予選は考えたらスケジュール管理が難しい感じの
後半のリーグを勝ってきたチームが勝つ結果になりました。

何処か優勝してもおかしくない感じたと
やはり勢いのファンタが押し切って
磐石の初制覇だったのではと感じました。

ファイナルイベは和やかな参加者交流と
藤本さんのツッコミキティ炸裂でした。

カレッツァは逆に小島さん抜きでふるさんの攻守の中心に
全員が泥臭く頑張っての復活だと感じました。

あと、小島さんが逆に監督になって
チームの良さを呼び覚まし自分にもいい雰囲気で
今後を迎えられそうな感じでした。
http://blog.excite.co.jp/c-kurumi/


10月の有明でリーグを面白くしてくれる存在が
強くなって戻ってくれた感じです。

あと、渡部さんのFPはすごく良かったです。

最終のカレッツァ戦では残り2分で本格的な
パワープレーで勝ちを狙いにいく戦術もしたので
松原渓ちゃんが戻ってきたらすごく面白い
攻撃のチームになるのを期待させます。

ただ、ザナドゥ戦の審判の二度にも渡る判断で
(ホントに決まってたのかどうかはさておき)
試合が一気に壊れたのはどうなるかですね。

メンバーは気持ちを切替えをしようとしてたけど
それが首脳陣やらの抗議によって悪い方向に
働いた様にも取れるとザナドゥメンバーは
すごく可哀想だなと感じました。

たぶん閉会式ボイコットも首脳陣判断だと思うのですが
これによっての措置がザナドゥにとって
悪い方向にならないか自分の心配なところです。

以上、現場からでした。
スポンサーサイト

冒険王決勝・ファンタ―カレッツァ

前半のロスタイム
かりんがフリーでキーパーとの1対1のミドルを決めて決勝点。

後半はカレッツァの攻めを完全に封じて逆にカウンターで
終始押し気味のまま、貫禄の2連勝で優勝を決めた。

冒険王決勝・ファンタ―南葛YJ

後半3分
キックインの南葛YJのマークのズレをつき
かりんがフリーでキーパーとの1対1を落ち着いて決めて
決勝点でまずは1勝。女王に王手をかけた。

冒険王決勝・J.b―カレッツァ

両者互いに攻めあうもスコアレスドロー。

PK戦
先攻・カレッツァ
郡司・×・正面
庄子・○・右
石原・×・正面上

後攻・カレッツァ
ふる・×・クロスバー
井本・○・左下
滝・○・左下

2―1
カレッツァが決勝リーグ進出を決めた。

冒険王決勝・ザナドゥ―南葛YJ

ザナドゥは前半でのキックインからの直接ゴールのノーゴール判断で
試合の流れが崩された。

後半1分
キックインのチョロだしを吉川のミドルで先制。

そのあとも間接フリーキックを直接という判定で
完全に試合はザナドゥだったが点を決められず破れた。

冒険王決勝・dream―ファンタ

後半4分
佐々木のキックインループを橘がファンブル。
それを山田が押し込んで決勝点

ファンタが決勝リーグ進出

決勝大会も鋭意速報します。

いろいろ書きたいことはありますが。
明日の決勝大会もあるので。

冒険王リーグの今日・明日の詳細結果と寸評
総評については明日の深夜に出したいと思います。

コメントレスもまとめてになります。
というか、明日に現場で会う人ばかりかと思いますが。


冒険王・グループF最終結果

残り2試合

カレッツァ―表参道
3―0

ガッタス―蹴竹
1―2

カレッツァが決勝進出の権利を獲得

冒険王・蹴竹―サンバ

1―0

飛留間のゴールが決まり勝利でした

冒険王・ガッタス―カレッツァ

後半4分
ガッタスマイナスのミスパスを長谷川が奪い
みうな・是永のみで数的不利に
右から走り込んだ富田が45度の位置からシュート。

きっちりと決められるとガッタスには点を奪う気力がなくタイムアップ

ガッタスはこれで予選敗退確定

カレッツァ―表参道
表参道は絶対勝利で。カレッツァは引き分け以上で決勝進出となる。

セフティファストで行けばいいのではという試合に欲がでた。

これで明日の観客はどうなるかな

冒険王・表参道―サンバ~前節終了

結果は2―0。
表参道の勝利で勝点で暫定トップに

ガッタス・カレッツァ表参道の三つ巴の様相。

その後に休憩時間で蹴竹メンバーによる
チアガールズショーが行われて場の緊張を和やかな雰囲気に変えて締めた。

後半再開は1時50分に開始予定です。

冒険王・カレッツァ―蹴竹

メンバー経過は今晩に。

カレッツァは小島が出場出来ず。

やはり攻守にはかけるが全体的にカレッツァペースで
蹴竹はローカルルールに沈んだ。

後半キックオフにふるがシュート。
それをゴレイロ鈴木が見失いあっさりネットを揺らされたこの1点のみ

カレッツァ・ガッタスがそれぞれ1勝で決戦は
ゴゴイチの直接対決に持ち込まれそうだ。

冒険王・ガッタス―サンバ

ガッタスは正直、前半良くなかった。パス・攻めに繋がりがなかった。

それでも後半からの里田・みうなの強いパスを
出来るプレーヤーの投入で後半は4得点。

5―0で圧勝した。

得点経過

前半2分
藤本・A柴田

後半3分
里田・A吉澤

後半5分
吉澤・A石川

後半6分
吉澤

後半7分
是永

最後は中央のがら空きを突いて是永独走シュート

幸先の良いスタートを切った。

冒険王・蹴竹―表参道

0―0

蹴竹は全体的に攻めるも表参道ゴレイロ川原が果敢な飛び出しで
防ぎスコアレスドロー

復帰戦

ブログを体調不良で休んでおりました。
しかし、グループF・決勝戦はしっかり速報します。

さて、復帰です。特に日月はネタがあったんですが。

現場も見に行ったんですがその後に帰ってきたら
激しい体調不良で速報をあげる体力もまったくありませんでした。


日曜日はチャレンジカップで裏スフィア選抜
「なでしかJAPAN」と「スフィア選抜」の参加。

選抜は予選、格下の2チームに順当勝ちしたものの
メンツ的に厳しい今回、ミス2本で2失点という
ミスなきゃ勝ち負けできるゲームに敗れ終了。

まあ、基本的に今回はスフィア選抜に選ばれた人を
コンスタントに使って主力は主に温存という状態でした。

なでしかJAPANも1チームFPメンバーが揃ったチームに
不用意なファールで喫したFKを決められた0-1の敗戦1つで
予選通過を出来る位置が出来ただけに惜しかった試合でした。

でも、MANAMI・斉藤リコに関しては十分に
一般チームからゴールをもぎ取る・交わすといった
プレーを随所に見せていた事からもいい印象でした。

共に大一番に臨めなかった為、休憩時間を利用して
エキシビジョンでスフィア選抜-なでしかJAPANの
7分1本勝負の試合が行われることに。

http://www.skylark.co.jp/community/sports/futsal/kako060827.pdf

で、その後、なでしこリーグオールスターに。
スフィアリーガーが大挙に押し寄せる場面に遭遇することに。

結果は2-1でなでしこWEST・大谷未央(TASAKI)の
活躍でMVPと共に勝利を収めました。

このプレーを見て感じたことを生かしてもらいたいですね。
でも、一つを言えばお台場で無料チケが渡されて
結局、半ばおっかけ祭りな皆さんが多かったことがなと。

で、今日はGatasがお台場初陣のグループEでした。
お台場冒険王予選グループE試合結果

○ Gatas Brilhantes H.P. 2-0 南葛YJシューターズ ×
× サンバガールズ 0-4 Team Good ○
○ FANTASISTA 2-0 Gatas Brilhantes H.P. ×
△ Team Good 0-0 南葛YJシューターズ △ 

× サンバガールズ 0-6 FANTASISTA ○
△ Team Good 0-0 Gatas Brilhantes H.P. △
○ 南葛YJシュータ ー ズ3-1サンバガールズ ×
○ FANTASISTA 1-0 Team Good ×

1位:ファンタ・勝点9.0
得失点:9-0=+9

2位:南葛YJ・勝点4.0
得失点:3-3=+0

3位:Gatas・勝点4.0
得失点:2-2=+0

4位:Good・勝点3.75
得失点:4-1=+3

5位:サンバガールズ・勝点0
得失点:1-13=-12

結論から言えばファンタには1点目は柴田のミスで
リズムが狂い結局、それが響いて敗れる結果になった。

Good戦は前試合で南葛YJの勝ち点4で終了を知り、
2試合引き分けでの勝ち点3⇒4.5を狙うべくの
防戦を一切崩せずのスコアレスドロー。

2位通過で十分行ける状況を全く生かせなかった。
明日・明後日の連戦をどういう風に取るか
ここで昨年も見せた崖っぷちのGatasの真価が問われる。

で、Gatasには今回、南葛YJが松原抜きでも行けた
少々の要因であるサンバガールズ戦がある。

表参道-蹴竹G
サンバ-Gatas
蹴竹G-カレッツァ
表参道-サンバ

Gatas-カレッツァ
蹴竹G-サンバ
表参道-カレッツァ
Gatas-蹴竹G

カレッツァとのドローだと得失点差勝負になり有利に。
蹴竹Gとは同勝ち点の場合は当該成績が優先となるルールとなる
しかし、1位しかいけないとなるということになる。

こうなったら信じるしかないですね。
で、今のところだと当面のライバルになるキャプテンが
選抜の試合に出ればいほどの故障がちなのが救いかなと。

表参道-サンバの新規チーム同士はどうなるのか。
サンバはともかくとして表参道・Goodは今後の参加形態に
一石を投じるチームにはなると思うので頑張って欲しいです。

さて、明日・あさってと久々に白熱の現場を見に行くので
ぜひとも納得のいくいいゲームを参加するチームには
見せて欲しいですね。そうなることを願って。

ベネワンカップの現地レポ

というわけで、横浜まで行ってきました。

まず、肝心の出場選手ですが・・・。
カレッツァ小島・J.b三宅・YJ松原が欠場。

あと、YJが野崎をゴレイロに戻して
ついに渡部智絵がFPでデビューすることに。

とりあえず、結果を行って各チームの今後についての寸評を。
試合は6分ハーフ・同点の場合はサドンデスPKで決着

・ファンタ-南葛YJ:1-0
後半2分:かりん


・カレッツァ-J.b:0-0(PK:0-1)
C:太田×・長谷川×
J:青山×・石原○

・3位決定戦:カレッツァ-南葛YJ:0-0(PK:2-1)
C:太田○・長谷川○
Y:吉川○・渡部×

・決勝:ファンタ-J.b:0-0(PK:1-0)
F:かりん○
J:庄子×

4試合で1得点という何か得点的には動きは無かった試合。
PKも1本サドンデスでなんだかなって感じに。

なので、各チームの寸評

・ファンタ
この日は冒険王グループD大活躍の青谷が不在で
ピヴォを担う役がおらず、代役は不適性の佐々木を起用。
攻撃もかりん頼みになってしまい戦術の増加は見られず。
今後は青谷がどうなってるかってところだろう。

あと、後衛である戸井田・鈴木はたまに危なっかしい。
たしかにベストメンバーを揃えれる強さはあるが
それが進化しているかと言えば果たしてといえる内容だった。
次回のdream戦は厳しくなるんだろうと思う

・J.b
三宅がゴレイロで出れなくてもあじゃでしっかり守っていた。
それよりも丸居が広いコートで思いっきりフェイントや
股抜きをしたり、庄子・丸居の前線から逆サイドの選手へという
連携の攻撃がしっかり見えていて一番フットサルをしていた。

GWカップと冒険王で完全にチームは輝き取り戻した。
今の展開ならば冒険王リーグ2連覇も十分可能だと思う。

・カレッツァ
小島が出場せず、井本・ふる・富田も居ないため
攻撃の主軸は無かった。ただ、今回のコートの広さから
後方のパス回しからの展開が出来るのはあいかわらず。

ただ、やはり点が1点も取れない事から考えても
冒険王リーグでの復活のきっかけを掴めなかった感じ。
このチームがまた強くなるきっかけはどこだろうか。
ポジションのコンバートなどをやっているが大幅に何かを
というのがまだ見えてこないのが正直な印象だった。


・南葛YJ
エース松原は冒険王は無理です。
この日は阪本・KONAN・松本・大櫛と前衛陣が全員不参加で
やも得ずに吉川のフィクソ・そして、明らかにFP臭かった
渡部をFP(後方アラ)にして試合に臨んだ。

結果、渡部が松原に次ぐ位、球持ちがしっかり出来ている。
GK野崎に任せるのは厳しいので難しいかもしれないが
松原・吉川・渡部で後方トライアングル組めたらば
すごく面白いのにと感じるそんな感じの戦いで最下位ながら
今回は収穫を持って帰った大会になっただろう。

ただ、こうなるとやはり冒険王リーグはGatas・ファンタの
2強がどう転ぶかで通過チームが決まるという事になるなと。

そういう風に感じた横浜でした。
さて、明日は一応お台場に行こうかなと思います。

週末~月末へ

さて、週末はベネワンカップとスフィア選抜
なでしこリーグオールスターにと。

で、火曜日からは最後のお台場3連戦
冒険王予選E・F、決勝大会という風になります。
まずは3回目のスフィア選抜のメンバーが発表されました。

http://www.fujitv.co.jp/events/sphereleague/news/060824.html

スフィアリーグ選抜チームメンバー

1 赤坂さなえ★
2 小島くるみ
5 マッキー
6 長谷川桃
8 青山愛子
9 立花彩野
10 庄子知美
11 西田美歩
14 丸山葵
15 阪本麻美
17 富田真帆
22 伊藤雅子★
23 中村摂

★はゴレイロです。

今回はケガで不参加や本戦の主力は基本的にを控えたメンバー
もっと攻撃的にいいメンバーを見たかったけど
今までと違って見やすい選抜になるのでどうなるか
とりあえず、行ってくれば速報の予定です。
(本来なら三宅・松原が呼ばれそうな所ですが今回は怪我で辞退)


で、今日はフルキャスト楽天ベネワンカップ
http://www.hpblog.jp/hpblog/fc-rakuten-cup/cat10/

ということで、スフィアリーグエキシビジョン
トーナメントで行われます。

いまや、実力拮抗のチーム同士のトーナメント。
ここで見えてくるのは予選・決勝大会に出てくるチームの動向

スケジュールによる不参加選手が何人かはいますが
ケガで離脱。または復帰の選手でどういうチームになるか。

前回のカレッツァ-ファンタのエキシビジョンがそのまま
冒険王予選リーグの結果に反映されているので
重要な前試合になりえると思えるのでこのベネワンカップは
その日の晩にしっかり速報したいと思います。

そう考えると年間シリーズだとカレッツァ+下位3チームだけど
いまや、下位3チームの方が勢いは良くなってるので。

さて、心機一転、フットサルな休みを満喫しますかね。

MOCなでしこリーグオールスターに。

http://www.fujitv.co.jp/events/sphereleague/news/060823_2.html

今度の日曜日に国立競技場である
mocなでしこリーグオールスターゲームに
スフィアリーグ関係者が観戦参加するとの発表。

実際に無料で見れるに近いなでしこリーグオールスター
739でも中継するので選抜が終った後に行きます。
サポーターも見に来てくださいってことでしょうかね。

ただ、当日は別の予定が夜に入ってるから難しいかもなと。
それが中止になれば無料券も持っているので行こうかな。

お時間がある方はぜひとも。女子サッカーも楽しいと思うので。
と、初観戦はアテネ五輪出場決定の北朝鮮戦の管理人でした。

やっちゃった人、多すぎ。

今日は「やっちゃった。」をテーマに2本の内容で

まず、前日のグループDの天王山

ファンタ-四谷戦のかりんの1-1になる
同点ゴールの誤審についてというより審判態度について。

試合状況からして抗議に行ってドロドロの
展開にする時間帯じゃなかったことで揉め事試合になるのを
嫌う雅子さんらしい性格でその場は収まったわけだけど。

でも判断が曖昧すぎるんですよね。
それを貫きゃいいものを下手にうやむやにした挙句、
ハーフタイムで談笑してたら観てる側も疑いますし
気分が晴れるわけも無い試合になったんだろうなと・・・。

ただ、この1点がリーグを決めることになった
「たられば」になるわけだが。そういう事を責任を持って欲しい。

このスフィアリーグも楽しむのを前提だけど
その為の公正で正確なジャッジをきっちりやり遂げて欲しい。

もちろん、明らかな誤審は行けないけど。
自分の仕切る試合に責任を持ってジャッジして欲しい。
もう審判のゴタゴタで試合を壊されるのはゴメンって感じです。

スフィアリーグで笛吹いてる人、関東リーグでも吹いてるけどさ。
よりによって毎試合、試合に関わる誤審があるんだもん。

・4試合有利論
勝ち点の計算を×0.75(4分の3)換算してるんだからって
言った人へのコメントへのレス。

ってことでありえる事例を考えてみた。

ファンタと上位対象チームが引き分けで残り全勝の場合

ただ、問題は4試合チームが2勝2分
3試合チームが2勝1敗なら勝ち点は見事に同じになる。
この際は得失点差なので3試合のチームは負けが許されないのと一緒。

これにより4チームを戦うチームは一番上位を争うチームに
1分けもOKというルールが出来ることになる。
こうなると4試合チームのほうが有利となるだろう。

こういうことです。勝ち点計算がしやすい面と
戦いがある程度出来るのは有利だという証拠です。
まあ、Goodや今回、ローカルルールになくだろう
蹴竹Gには試合数が闇雲に増えるこの2チームには微妙ですが。
ファンタにとってはこれは有利と捉えれるという観点です。
ちゃんとブログの内容を掴んで下さい。

さて、これからまた何かいいネタ出来たらまた書きます。
こんな雰囲気でブログを書き留めるのも心痛なんで。

>コメントレス CONTINUE

冒険王リーグ・グループD寸評と今後

・ファンタ

かりん・佐々木がケガ持ちながらやはりこの2人が
というチーム状況でつかんだ優勝だった。

あと、狭くなったこのコートで縦パスを
あくまでもらえての青谷はやっぱりエース化する。
むしろ詰め役に徹することが出来るコート仕様向きの選手。
こういったプレーをスフィアでもやればいいのにと思う。

この3人がいい結果を残したことを評価しがちになるのだとペケ

これに伴ってダメをこうむったのがドリブラー丸山
状況判断が出来ず・ポカありの戸井田だった。
あと、2失点が全てマークのズレから来るものだった。

今回、1位をこうむったことは絶対的な指令塔が居る
dreamには青谷~佐々木ラインは消えて。
かりんのシュートもキーパーの横をつけなくなる。

1位を取ったことでグループE・Fの参加チームは
気楽で自分はイバラの道という感じかなと。
これがスフィアリーグだとおそらくまた機能しないんだろう。
とりあえず、お台場の為に怪我人は休ませるのが急務。


・四谷クローバーズ

攻撃的意識をグループBから展開を変えたのは良かったが
その大事な守備的なセーフティーをリードした
ファンタ戦の場面で切り替えられなかったモロさが今回の敗因。

結局、後節では元の四谷に戻ってしまった。
これがリードしている場面なら大いにありなのだが。
その場面にあわせたゲームプランをすることを覚えるべき。

それでもそこで得た朝倉の覚醒とやはり使える村田の存在
(自分は前日の展開予想でベスト布陣に村田を入れてたので。)

トップにしっかり残ってるチームがこれを生かして
次の10月にさらにいいチーム構造を見せて欲しいと思う。
江藤コーチは未経験者が楽しく強くしてるのが如実にわかるので。


・ミスマガジン

全体練習不足。すべてにおいて連係に難を発しての結果。
勝ちゲームならいいのだがいざ負けゲームになると
それを打開できない悪い所はGWカップ予選と全く同じ状況。
時東の不参加で守備の連係の穴を一発屋には格好の標的だった。

それ以外には特に溝口・中村と取るべく人が
取ったことも今まで通りの結果になっていることに。
ミスマガジンが次回、リザーブ降格候補なのかもしれない。

・表参道BEAUTY
何の約束事も無く攻撃に一辺倒だったものを修正。
それが考慮したことが今回の結果に繋がった。
↓の試合レポにもあるとおりになってくるわけだが。

攻め2枚、守備2枚。ゴレイロはセーフティー固定というのが
この3大会目にして3ヶ月間の基礎練習と今回からの集中練習で
しっかり出来たからこういう結果になるべくしてなった。

今回、固定されたのはゴレイロ:清水由紀
後ろが今までの実績から藤谷・三崎・米森の3人は
前は得点を決めて出足のいい落合・後藤のD.D.Dコンビ。

米森はようやく自分の役割を任された。後方のアラである。
それで今回、オーバーラップからチーム3人目のゴールを決めた。

これだけセットがしっかりしてきたことでミスマガから
先制点を奪ったことで完全にチームとして自信がみなぎった。
いいフットサルが出来るチームになってもう弱小ではない。
これならスフィアの現在、下位に甘んじているチームに対等できる。

出来ることならTeamGoodと来シーズンの
年間シリーズ12番目のチームを掛けた
参入戦を直接対決でやってもいいのではと思えるくらい。

もし、グループEがGatasが通過した場合
このチームが決勝大会に出ることも十分にありえる。
それくらい、30日は実際に見れるのが楽しみである。


・MIXGATAS
最後にMIXGATASと次からの本隊Gatasについて

今日のMIXは守備の脆さをカバーすると攻撃が全く無い。
それだけ里田の離脱が結局、響いた格好となった。

あと、ガロッタスの映像でも出ていたトゥーキックのシュートを
ファンブル・トンネルというミスで取られるのを
何とか出来ていたらC・Dでももっと良い結果だったろう。
ぜひともGK固定になったメンバー。本気で教え込んで欲しい。

ただ、ファンタ戦でリトルメンバー主導で経験させた
ドローの結果は今後、トップに入る可能性を
秘めるメンバーを選定できる内容だった。
あげるとすれば、矢島・徳永・武藤のFP3人だろう。
あと、MIXで得たあさみ・みうなの積極性にも期待して。

で、これに伴うGatasの予想布陣は
ゴレイロ~FP後衛~前衛

予選仕様(2-2):是永・石川・みうな・吉澤・あさみ
決勝仕様(ダイヤ):辻・みうな・吉澤・あさみ・是永

で、石川・みうな・柴田が基本はアラおよび後衛を担うだろう。
里田は出れないことを考慮して出れれば後衛の1枚に
攻撃は是永・あさみ・吉澤・藤本が担うことになるだろう。

で、グループE、残りの決勝行きの可能性のチームは
Gatas・南葛YJ・Good・サンバガールズ
前記の2チーム、どちらが上に立つかが焦点になりそうだ。

逆にファンタの通過がGatasには後押しになった感じだろう。
ここはどのチームにとってもぜひともモノにするいう意識で
グループEを全チームには戦ってもらいたいものです。

冒険王リーグ・グループD(全結果)

まずは、全試合結果を


◆第1試合
四谷-MIXGATAS:4-0
前半4分・朝倉(Y)
後半0分・朝倉(Y)
後半0分・斉藤(Y)
後半7分・朝倉(Y)

全てにおいてゴレイロのミスでの失点。
梅田はハンドをやったり強くも無いシュートをファンブル。
セーブが持ち味の須藤はゴール前に構えるだけでも
十分に存在感が違うのにむやみに飛び出して
空き家のゴールに流される格好で朝倉にハットトリックを献上。

この4点取りで四谷は得失点差で優位に立つことに。


◆第2試合
ファンタ-表参道BEAUTY:2-1
前半0分:かりん(F)
前半7分:佐々木(F)
後半6分:米森(B)

ファンタが圧倒的に支配で前半はかりん砲
パスプレーから佐々木でガッチリ2点。
これで余裕の出たファンタはメンツを抑え目に。

そんな中で米森のオーバーラップが決まり
ファンタゴールを突き刺し、表参道3人目のゴール。
また、DF陣を藤谷・三崎・米森の3人でローテーション起用
攻撃は基本のエース落合・後藤のD.D.Dコンビが勝負。

攻守のバランス・守りごとをこの3週間でしっかり仕上げた。
やはり戦術にあった選手と起用のフットサルを見せて
過去2大会のボロボロのチームはすっかり無くなった。

◆第3試合
ミスマガ-MIXGATAS:2-0
前半1分:溝口(M)
前半6分:中村優(M)

セーフティーに守備型で攻めていくミスマガに
成すすべ無しのMIXGATASの16分間になり
点差以上の完敗でやはりゴレイロの不安と里田という
絶対的フィクソが居ないことが安定度を崩壊させた結果。

◆第4試合
ファンタ-四谷:2-1
前半7分:村田(Y)
前半7分:かりん(F)
後半7分:青谷(F)

混戦を押し込んだフィジカルピヴォの村田。
GWカップの予選でも機能した体の強いピヴォが結果を出した矢先。
かりんが出鼻をくじいてのシュートを決めあっさり同点に。
その後は攻めのファンタ・守りながらのカウンターの四谷の構図。

最後は根負けした四谷DFを青谷が
残り30秒に崩してもらった格好で決勝点に。

・ここから後節

◆第5試合
ミスマガ-表参道:0-1
後半1分:落合(B)

攻守に関して互いにチームカラーを出すゲーム展開
そんな中での前半、スコアレスの中、決めたのは突貫娘の
表参道のエース・落合がこの試合で今大会2ゴール目

それに浮き足立ち溝口しかない攻撃が仇となり攻撃活路なし。
むしろ乗ってる表参道が主導権でタイムアップ。
初勝利はサンバガールズまでないと思われた表参道が
一時期は3強の一角といわれたミスマガから公式戦初勝利を収めた。

今後に関して、目先でもこの後にも明暗になる結果となった。

◆第6試合
MIXGATAS-ファンタ:0-0

勝っても得失点差で最下位が濃厚となった中で
経験という面でスタメンをリトルメンバーのみで臨む。

フィクソを武藤にするスポフェススタイルの布陣が
メンバーの成長で機能し始める格好になる。
後半はこのスコアレスの展開に勝ちに行くべく
あさみ・みうな・シンミンを途中投入していく内容。

点は上げれなかったものの相手にも得点を当てずに
首位のチームからドローを勝ち取ったことに場内拍手だった。

◆第7試合
四谷-表参道:1-0
前半1分:斉藤(Y)

1敗同士・次の試合でミスマガの勝ちだと
得失点差勝負のため、表参道にも決勝行きの可能性を
秘めることになったこの第7試合。

拮抗したゲームになったがお互いの攻撃を封じる中
開始早々に得た斉藤のゴール1点のみの試合に
ミスマガ戦の勝利で完全に乗ったチームに攻撃枚数の薄い
四谷はそこから点は取れなかったが今回は得失点差の
アドバンテージを得ている分、無理はしなかった。

その結果の1-0で四谷が暫定1位でという状態。

◆第8試合
ファンタ-ミスマガ
2-0

前半7分:青谷(F)
前半LT:青谷(F)

1点目は右からのアーリーパスに追いつき放ったゴール
2点目は浮き足立ったミスマガDFを突進で奪い鳩の豆鉄砲で
青谷が2点を取る活躍をさせてもらった感で2-0

これにより総得点関係から3点差以上の勝利が
求められるミスマガジンが意気消沈気味となり勝負あり。

この結果、ファンタが1位通過を決めた。

リーグ結果
1位:ファンタ(3-1-0)
勝ち点7.5・6-2=+4

2位:四谷クローバーズ(2-0-1)
勝ち点6.0・6-2=+4

3位:表参道BEAUTY(1-0-2)
勝ち点3.0・2-3=-1

4位:ミスマガジン(1-0-2)
勝ち点3.0・2-3=-1

5位:MIXGATAS(0-1-2)
勝ち点1.0・0-6=-6

各チームの寸評は↑の記事にて

冒険王リーググループD・後節速報

ミスマガ―表参道
0―1

表参道が勝利

MIXG―ファンタ
0―0

スコアレスドロー

この結果

四谷が勝点3・+3
ミスマガ勝点3・+1ファンタ勝点5.5

四谷・ミスマガ・表参道がは勝ちが絶対にて得失点次第。

ファンタは勝利で進出となる

四谷―表参道
1―0

これで四谷が生き残り。得失点差でも優勢。
ファンタ―ミスマガ
2―0

青谷に簡単に2発を前半に献上して
ミスマガやる気がなくなってそのままファンタ勝利で優勝

これによりグループEは、ガッタス・南葛YJ・グッドの実質3チームで争う。

やはり4試合チーム有利論が間違いないことを
証明することになった感が強い。

試合の詳細はこの後の深夜に。

冒険王リーグ・グループD前節結果速報~今後

まずは試合結果。

・MIXG―四谷
0―4
朝倉・3、斎藤


・ファンタ―表参道
2―1


・ミスマガ―MIXG
2―0

溝口、中村

・ファンタ―四谷
2―1

四谷先制もすぐにかりんに出鼻をくじかれ
後半は青谷にごっつあんゴールが決まりファンタ連勝

この結果、無敗がファンタとミスマガのみ。
後節の試合
ミスマガ―表参道
ミスマガ―ファンタ

この2試合の結果しだい。

恐らく最終戦だけ気にすれば。また夕方5時に。

グループD展開予想

さて、明日はグループDです。
自分は見には行きませんが各チームの分析を。

◆ミスマガジン

今回の参加メンバーが発表されました。
http://www.miss-magazine.com/news.html

立花彩野 中澤優子 時東ぁみ 中川愛海

中村優  加藤理恵 加藤未央 夏目理緒

西田美歩 溝口麻衣 松井絵里奈 草場恵

ベンチ入り、しっかり12名の印象で主力組は
ほぼ揃った陣容ってことで臨める。

問題は溝口・立花・時東の3人の後方に
前衛が中川・中村セットか夏目・西田セット。
あとは、ぜひとも見たいのは松井vsファンタ。

・ミスマガ・ベストセット(2-2)
時東・立花・溝口・中川(西田)・中村(夏目)

でも、ゴールクリアランスのオプションプレーは
ルールをわきまえている時東・溝口ラインが出来れば
ことごとく点が入りそうな気がする。

初めてや久方でお台場を見に行く人はなるほどと思うだろう。
他の4チームがしょっぱいクリアランスをしたのがわかるはず。

僕の中では本命はこのチームなんだなと思ってます。
主力が大きなケガをせずに出れるようならば
安定度は高いと思うから。ただしロースコアの3連勝が条件。

・ファンタ
夏休みに練習不足解消を察した強化合宿をしている。
ただ、そこでかりんが靭帯をケガした模様。
出れる状況なら勝ち負け・出れなければ下位に沈むだろう。

それくらい強蹴型かりんがなくなることで跳ね返りの
佐々木・丸山の詰めも無くなるうえに
この2人が個の力だけで打開は出来ないから。
佐々木もパスプレーヤーだし丸山は単独プレーだし。

結局、個だけの兵と伸びない純正培養のチーム。
前回のエキシビジョンでも丸山が居ないで
しっかり2枚使わないと結果が出ないのは見え見えだし。
結局、ファンタはかりん・佐々木しだいのセット。予測は3位

・ファンタセット(1-1-2)
鈴木・戸井田・丸山(青谷)・佐々木・かりん

◆四谷クローバーズ
1点を取って守るという形と今回は前回の表参道戦の
失態をきちんと修正する攻撃的志向が求められる。

3試合を2勝すためにはファンタ・MIXGATASの
どちらかを叩くことになるのだから。勝負は完全に前半である。

斉藤リコをいかにひきつけ役にして朝倉・村田の
攻撃陣で点に絡めるかに勝負がかかってくるだろう。
ただ、簡単に点を取られるチームでは無いので負けないを
勝つという風にするのが臨まれるだろう。

・四谷ベストセット(1-2-1)
伊藤・梅澤・斉藤・朝倉(小松)・村田(小出)
これにプラスして栗田が使えるかだろう。

◆最後にMIXGATAS
里田の足の負傷で離脱はマイナスではあるが
MIXGATAS参加のリトル選抜メンバーが参加した
今日の練習では着実に試合経験を積んで伸びに転じている。

前回よりもレベルが落ちる分、やることは守りは
セーフティーに攻撃に切り替わったら大胆にということだろう。

で、カントリーは2人でどこを務めるかだろう。
セーフティにやるならダイアモンドがいいだろう。

で、Gatasはいかにメンバーを使うか
おそらくセンターラインを固めて勝負方式だろう。
アラは基本的にダイレクトかとにかく走る・ゾーンを固める
それが出来ればグループDも十番に上位に入れるだろう。

そんな中での予想ベストセットは。
・MIXGATASセット(1-2-1)
須藤・みうな・武藤・矢島・あさみ

ただし。これを機能するにはみうなが持ちすぎずに
持ち味の早くコントロールの効くパスプレーに徹すること。
ドリブルプレーは禁物でやってくれればと思う。

最後の表参道はあえて触れることもなくですが。
予想FPセットを出してくれるのと意図のある
ゴレイロのプレーが出来れば後藤みゆう・落合真純の
3・4番のD.D.Dコンビが機能するかになるだろう。

・表参道セット(1-2-1)
GK・三崎・藤谷(米森)・後藤・落合

ということで、明日は結果が面白くなってきたら
各所からの情報および知り合い現場組からの情報を
交えてお送りしたいと思っております。

で、自分の中の予想はこうしておきます。
◎:ミスマガジン
○:ファンタ
▲:MIXGATAS(4位以下or1位の単穴)
△:四谷クローバーズ(むしろ1位の可能性は低い)
×:表参道BEAUTY

>コメントレス CONTINUE

冒険王リーグ・リーグ概要変更(勝ち点計算について)

さて、ナンダカンダの波紋続きで
Gatas不利な得失点ルールとなるといった
そんな憶測が取られる。4試合負担のチームなどという。

いろんな波紋の方式ルールに四谷クローバーズのHPで
勝ち点のレギュレーションが変更されることも明らかになった。http://1st.geocities.jp/yotsuyaclovers/index1.htm

※FANTASISTAのみ4試合になり
総勝ち点×3/4で算出します。
(ということで、勝ちは2.25、引き分けは0.75で換算)


ってことでありえる事例を考えてみた。

ファンタと上位対象チームが引き分けで残り全勝の場合

ファンタ(3勝1分):2.25×3+0.75=7.5
他のチーム(2勝1分):3×+1=7

ただ、問題は4試合チームが2勝2分
3試合チームが2勝1敗なら勝ち点は見事に同じになる。
この際は得失点差なので3試合のチームは負けが許されないのと一緒。

これにより4チームを戦うチームは一番上位を争うチームに
1分けもOKというルールが出来ることになる。
こうなると4試合チームのほうが有利となるだろう。

ただ、問題は

なんだかな。

昨日、発表された冒険王リーグの変更点
http://www.fujitv.co.jp/bohken/futsal_time.html

グループDはファンタ
グループEはGood
グループFは蹴竹G

この3チームだけが他のチームが3試合の中、
4試合をこなすということになるのですが。
これは本当に全会一致で容認されたのか疑問ですよね。

まあ、E・Fのチームに関しては本命・対抗のチームでは
無いような気もするので有利になるか不利になるか微妙ですが。
これで勝ち点制ならばもうどうにもならないなと。

選手を守るのは事前の対策を立てて欲しかったね。改めて。

来年もこのスフィアリーグを年間開催をちゃんとやる気ならば
年間シリーズ以外の日程(カップ戦)も設定してください。

今回のGWカップや冒険王リーグ。
準備不足・参加チームの考えの甘さが明らかです。
昨年の冒険王リーグがいかにおもしろかったかですよ。

で、今日、関東リーグを見に行ってきましたが
うちの応援してるチームはなんだかなって試合で勝ちました。

さらに帰りは電車の人身事故に巻き込まれて
帰りが1時間も遅れる羽目になるし・・・。
これから細木のおばちゃんの特番でも見て感想でも後で。

>コメントレス CONTINUE

わけのわからないルール変更

【スケジュール変更のお知らせ】 8.18up
グループCまでを終え、炎天下による熱中症の症状や負傷者が
多数出ている為、今後開催予定(グループD~F)の試合数を見直し、
対戦カード及び試合数を下記の通り、変更いたしました。
また、グループFにcarezzaが追加参戦することになりました。

http://www.fujitv.co.jp/bohken/futsal_time.html

試合数が変則各チーム3試合で変則リーグ戦になることに。
で、Gatasに関しては表参道・サンバの2弱に当たらない。
おい、これだと得失点差勝負になったらどうするんだと!?

E・Fのサンバガールズはチーム性質上、
ぶっちゃけ辞退にすればいいのにと思うんだが・・・。

これだったら初めから4チームリーグ・
リーグ参加回数制限付のほうがよかったのではと

なんか、今回の冒険王リーグは存在意義はあんま無さそうだね。
これで優勝してもあまり価値は無いのかもしれないなと。
今年いっぱいで野外での冒険王リーグはもういいよで。

やるんだったら屋内でスポーツタイル敷いた
即席屋内コートとかは作ることが出来ただろうというほど。

ほじくるほど、苦言や愚痴が出る内容なので
いま、一度見直せるなら見直して欲しいものです。

メディアアピール

今日は木曜に恋サルがあるのかと思いながら
スッペシャルな内容を期待している管理人です。

さて、まずは各所でというかオンエア情報を。

まず、テレ朝全国放送の土曜7時からの「ドスペ!」
今週の内容である細木数子の緊急SPに
カレッツァ・J.b・XANADUメンバー
実に22人も大挙の出演をします。

時間的にオンエアで顔が出るのかフットサルの話が
出るのかはわかりませんが全国放送なのでぜひとも・・・。

あと、翌週土曜深夜の「ドスペ!2」の
すっぴんという企画SPにJ.bメンバーの5人が出演。
青山愛子・山本早織・黒澤友子・あじゃ・丸居沙矢香
(ローカル放送の可能性もあり。ご注意ください)

で、ここ最近のお台場では怪我人が続出で
XANADUのやっさんこと安田美香もグループCの
試合中で接触プレーから全治2ヶ月の右手首骨折。

先日、捻挫の中、選抜に出た田代も万全じゃないと
ゲーム感の少ない控え組が1枚出る事態になる気配です。

ミスマガの第2キーパー・中澤優子も右目負傷と
右の指を一部骨折した模様まで入ってます。

精一杯のプレーもいいですが芸能活動に支障が出ないよう
しっかり準備運動や基礎作りを知っていってもらいたいですね。
もちろん、無理をしないというのも含めて。

>コメントレス CONTINUE

第2回スーパーチャレンジカップ

第2回すかいらーくグループスーパーチャレンジカップ
http://www.skylark.co.jp/community/sports/futsal/kako060816.pdf

ということで、早くも全結果が出てきましたのでご紹介。
今回のスフィア選抜召集メンバーは以下のとおり

 1.赤坂さなえ(3度目)・G
 2.小島くるみ(4度目)
 5.マッキー(初選出)
 6.長谷川桃(2度目)
 7.是永美記(4度目)
 8.青山愛子(2度目)
11.西田美歩(初選出)
15.阪本麻美(2度目)
16.田代さやか(初選出)
17.富田麻帆(3度目)
18.山本早織(3度目)
22.伊藤雅子(4度目)・G
23.中村摂(4度目)

今回は常連組+夏の台頭組のバランスメンバーに。
しかし、松原がケガで離脱だったりあっての感じ。
さらにはキーパー三宅も練習で目を負傷で
当初、参加予定だったが変更があった模様。

で、実際の結果は・・・。

予選1試合目、横浜山手女子学園フットサル部:0-0

予選2試合目、FCアスタリスク:2-0
是永さんの2ゴールでスフィア得点王の実力の
ストライカー実績をしっかりと示すことに。

で、相手同士は決勝行きが消滅したFCアスタリスクが2-0
このため、1勝1分でスフィア選抜が準決勝行きに。

PDFで上がってるチーム名で検索を掛けたが強いチームが
個人大会に出てる女子2チームがスフィア選抜のリーグに入ったのと
準決勝で当たったaozal立石だけであったことから考えても
全体のレベルは参加できればのレベルって感じだった。

で、準決勝はそのaozal立石とは0-0の3本制のPK戦
是永・マッキーと2連発で決める中、
ケガ明けの小島が失敗。しかし、相手も2本失敗で決勝へ。

決勝戦は8分ハーフ。スタメン出場の是永。
相手との競り合いで顔面を負傷して退場。
是永⇒小島、攻撃役強化のために山本⇒長谷川。
前半6分に長谷川桃が先制点を奪う。

後半5分にもマッキーのフリーキックが決まり2-0で終了
スフィアリーグが今回は実力どおりに優勝した。

是永・小島中心にって感じで残りの11~12人のFPが
選抜定着を目指す組と選抜ビギナー組セットという感じ。
まるで今のフットサル日本代表の候補合宿にもダブったなと。
http://www.radionikkei.jp/futsal/match/match-060815-01.html

ポジション順に並べると
常連組が富田・小島・中村摂・是永
定着目標組が青山・山本・長谷川
ビギナー組がマッキー・田代・西田

そんな中でもフィクソ組がしっかりと結果を出したので
選抜常連のフィクソはJ.b庄子or宇津木めぐみだろうから
それにも劣らない自分の役割を見つけて伸びていって欲しいなと。
マッキーなんかは選抜でパスの供給役がたくさん出来て
相当いい感じにプレーに絡んでいたというのが現場の総論。

終ってからの表彰式は今回はキャプテン代理の中村摂が挨拶。
是永さんも無事そうで周囲を安心させる結果になった。

さて、次の日曜には出来たら決勝大会が控えてる状況なので
どんなメンバー構成になるのか不明だがいいものを
見せてくれることをぜひとも願いたいな。

で、今日、やっと「Sals5」を購入した管理人でした。

>コメントレス CONTINUE

明日の選抜は

世間の盆休みは明日までか日曜までなんだろうなと
お盆休みを一切、満喫していない管理人です。

ということで、明日は第2回の選抜がありますが
いったい、どんなメンツになるのかを各所を回ってる所。

とりあえず、小島が足の怪我から復帰した模様で
参加の意向を今日のブログで語られてます。あと、長谷川桃も参加。

http://blog.excite.co.jp/c-momo/

http://blog.excite.co.jp/c-kurumi/

で、J.bの守護神・三宅梢子の不参加。
http://mycasty.jp/ichigomilk/index_blog1.html

dreamからは全員の不参加が発表されているので
http://www.avexnet.or.jp/dream/staff/

おそらく、ゴレイロは優勝メンバー赤坂・伊藤コンビと予想。
で、J.bカテナチオの未経験組も緊急招集らしい。
http://blog.livedoor.jp/saori10eiko/archives/2006-08.html#20060815

あと、選抜に練習に来てたのがミスマガ西田・立花が今回のみで参加。
ケガとかが回復していれば松原渓・阪本麻美が練習参加。

これに前回のカントリー娘。+是永さんが入るかで
今回のレベルが見えてくるのかなって感じがしてきます。

果たして、いったい、どのようになるのか
また行って来る知り合いの方のレポを職場で
ゆったりと見させてもらいたいと思います。w
次のページ
このページのトップへ