Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記<br> 2005年08月
Kom op! Gatas!!★ガッタス中心フットサル雑記
Top | RSS | Admin
ハロプロフットサルチーム「Gatas」の情報雑記ブログ。
他にもガッタスのライバルチームの動き。
自分のサッカー雑記を中心に書いていきます。

本サイト&ブログの総観覧数 
無料アクセスカウンター
出会いの研究所SEO
・SEMアクセスアップ
SINCE 2004.11.03
ブログの観覧数

SINCE 2005.01.16
試合・選手データは本サイトで

接続環境によりはてなダイアリーにてミラー版を作成しました。

2006・ガールズフットサルアウォ-ズ投票受付中

2005・ガールズフットサルアウォ-ズ結果

2005-08

次のページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険王リーグ雑感

http://blog.excite.co.jp/noda/d2005-08-29

野田社長のブログにも書いてありましたが。

今回、少客数のスタンドで目に付いたのは
ダメ人間な人がごく少数居るってこと・・・。

選手に関してタイミングも考えずに叫んだり
野次ったり、相手選手を誹謗・抽象してるのが・・・。
ネット各所でもそんなことやってる輩もいるし。

あと、場をわきまえないでついには選手にまで
総スカンを食らってるのも知らんのかな・・・。

そんなのが普通にサッカーのサポとかやってると思うと
世の中ってって思えたりもしますよ。
これで会場内でCHOOPの優勝を称える拍手が
明らかに半減した気がしてるのも事実です。

いいプレーには拍手や声援を。賞賛を与えれる気持ちは
そういった人には無いんでしょうな。
まあ、負け組になってるんだから。しゃあねえか。ホザキたきゃ自分でホザケば。

ちゃんと応援したい・見ていたいってサポーターが
着実に居るのに今回の少客数でそんなまだ悪い面が見えたような。
ちゃんと見たい人のためのサポ席を作ってほしいですね。

ただ、いいこともあって横断幕を張るとき。
チーム・好きな選手関係なくスペースをきちんと考えて
めいっぱいに張ることが出来て気持ちよく出来ました。

協力してくれた方。サポートしてくれた方には感謝ですね。
なんかチーム横断幕やスポンサーのがデカ過ぎもありますが。

そういった心の持ったことをやって行きたいですね。
うちのサイトもガッタスを基本視にしてますが。

他のチームの良さ・メンバーなんかもわかるように
それでしっかり競技的な見方をしていきたいと思います。

サポーターズライクでも試合の無いところでは
きちんとした人とはブログのコメントなどで交流したいですし。
次は5月の時みたいな大会になって欲しいと切に願いつつ。

あと、冒険王リーグ中。
いつのまにかTopicNewsリンクをしてくださった
「センチュリーランド」様にもここで改めてお礼いたします。

とりあえず、次の予定が決まるまで少しまったりしましょう。
もうホントにすぐで9月なんですから・・・。

ということで、コメントレス。








CONTINUE
スポンサーサイト

冒険王リーグ・決勝トーナメント全試合詳報

まずは、CHOOPの優勝、おめでとうございます!!
今回、CHOOPの初のタイトルで幕を閉じた冒険王リーグ。

というわけで伝え切れなかった全試合の詳報です。

本サイトで詳しいのを後に上げる予定ですが
まずは、ブログで試合の詳細を実況レポであげたいと思います。


◆準決勝・第1試合
CHOOP-XANADU
0-0(PK:3-2)

・CHOOPスターター
三宅梢子(GK)
岩田ゆり
庄子知美
小由里
あじゃ

・XANADUスターター
中村真弓(GK)
平塚奈菜
安田美香
稲熊泉
MANAMI

CHOOPがセカンダリーのセンターラインで
臨んだ時、大丈夫かと思ったが・・・。そうなった。
あじゃ・岩田では攻守の切り替え・起点・終点には少なかった。
(それでもあじゃは一時期より断然うまくはなってるけど。)

前半途中、あじゃ→AYANO
後半からは岩田→青山
とベスト布陣で臨むことに・・・。

XANADUはこれがベスト布陣でしっかりゾーンを守る。
後半途中、影山さんをスタンバイしてたが
AYANOが足が止まってるのに変わろうとしない。
そして、そのままタイムアップでスコアレスドローのPK戦。

・PK戦

◆XANADU(先攻)
MANAMI:○(右)
吉開菜生子:×(正面)
安田美香:○(右下)
稲熊泉:×(正面下)
有馬綾子:×(枠外)


◆CHOOP(後攻)
小由里:○(右下)
庄子知美:○(正面上)
岩田ゆり:×(正面下)
青山愛子:○(右下)

これでCHOOPが決勝進出。XANADUが3位決定戦。

◆準決勝・第2試合
Gatas-Carezza

・Gatasスタメン
是永美記(GK)
里田まい
みうな
吉澤ひとみ
藤本美貴

・Carezzaスタメン
赤坂さなえ(GK)
五十嵐りさ
井本操
小島くるみ
長谷川桃

紺野さんがNGで是永さんがキーパーになったぶん。
守備力は2割減。攻撃力は3割減だったので

さあ、どうなるのかな。って思ってみてたら
カレッツァにとって案の定のことが先に明白になった。
それは小島の動きのキレのなさ。だった・・・。

昨年の11月からずっと見てきているので如実にわかった。
もちろん、狭いコートでプレイしづらいのもあったけど。一番見えた。

それが前半のゴールにつながる自陣で小島が持ったボールに
藤本がプレスに来た。それをあっさり藤本が奪い
そのままゴール方向へ、最後尾の五十嵐も直線的に押し切り
トゥーキックでシュートしたゴールはゴール右を捕らえた。

是永抜きで点が早い時間でとることが出来たのだ・・・。
それでカレッツァも点を返しに来ようとするが。
守りをしっかりしてくる分。カレッツァもパターンが少ない分。
是永さんのファインセーブもあって入らなかった。

後半、藤本→あさみ・ゲーム終盤、吉澤→石川という布陣で
結局、そのまま、1-0で総合力でガッタスが決勝進出となった。

◆3位決定戦
XANADU-Carezza
1-0

勝ちたいという気持ちが出たナイスゲームの3位決定戦だった。

カレッツァが攻撃の枚数から終始、押し気味にゲームをするが
XANADUのFPがしっかりプレスやクリアで対応。
あと、ゴール前での混戦のピンチや鋭いシュートを
GK・中村がスーパーセーブ、意地でも抑える執念の守りだった。

それが実ったのが後半2分。

安田から展開したボールを途中出場の早房が持ち込み
そのボールをカレッツァDFと競り合ってボールは左に流れる。
それにMANAMIが鮮やかにつめてシュート。

このゴールは自分の知り合い曰く完璧。
見ててもホントに完璧なゴールだった。

その1点を最後は安田がミゾオチでシュートを止めて
うずくまる中でのタイムアップ。

ホントに勝ちたい気持ちが7月まで未勝利のチームを
一気に最高の3位に導いた・・・。これには全観客が賞賛した。


◆決勝戦
CHOOP―Gatas
2―0

前半4分
小由里のフリーキックを是永がセーブ仕切れず先制点。
ただ、入ってなくそれをあじゃが詰めたのがゴールなのかも。

やはり、急造GK是永だとゴールエリアの感覚が
つかめてなかったのが印象。それが出てしまった・・・。


後半2分
是永さんのクリアランスのミスを
小由里が冷静に右隅にシュートを決めて2-0に。

ガッタスはさすがに2点差では万事休す。
きつくなった各メンバーもありメンバーを各チームが
入れ替ええて結局、全メンバーが出場する中、そのままタイムアップ。

CHOOPの優勝。ガッタスは2位になった。

紺野さんがNGで是永さんがキーパーになったぶん。
守備力は2割減。攻撃力は3割減だったので
これでCHOOPが勝てないとっていう状況でもありました。

それをきちっと勝ったということはやはり強い証明。
もうブロンズチームでなくガッタスのホントのライバルチームの
ひとつになる意味での初のタイトルになった。

でも、ガッタスは思いのほか悔しがるメンバーも無かった。
キーパー紺野の負傷で是永FPで出れないのであれば当然・・・。

次の大会に向けて是永のGK、みうなの成長。
初ゴールを決めたメロンの2人。
そして、絶望的状況からの奇跡の予選通過・・・。

これを考えても次へ向けて今度という感じで臨むだろう。
そして、まずは怪我を治して・みんなのいい状態で
きちんとしたコートで今度またどんどん盛り上がるゲームを
期待したいなと思います。

というわけで、最終結果。

1位:CHOOP
2位;Gatas Brilhantes H.P.
3位:XANADU loves NHC
4位:Carezza

でも、最後は大団円に終わったかなと思います。
今回、CHOOPの優勝は自分も納得の優勝だし。
やっと優勝のタイトルを取ったね。というちょっと嬉しさもあり。

今回、CHOOPの勝つんだって気持ちが強かった。
CHOOPの優勝を心から称えたいと思います。

これでガッタスもその他の敗れたチームもリベンジで
臨んでくるわけですから。これでまたいい感じで盛り上がってほしい。
ヤジとかじゃなく純粋に楽しい。・すごいって思えるものを。
あと、終わったらノーサイドってことを・・・。

明日以降、自分でちょっと感じたいろいろを書こうとも思います。

ということで、冒険王リーグ、これにて全日程終了。
選手・スタッフの皆さん。ちゃんとしたファンの皆さん。
ホントにお疲れ様でした。たぶん、次は10月に。(予想?)

冒険王リーグ・決勝・3位決定戦

シュープ―ガッタス―
2―0

前半4分
小由里のフリーキックを是永が
セーブ仕切れず先制。

後半2分
是永さんのクリアランスのミスを
小由里が冷静に右隅に決めて

ガッタスはさすがに2点差では万事休す。

シュープの優勝。
ガッタスは2位

でも、ガッタスは思いのほか悔しがるメンバーも無かった。
キーパー紺野の負傷。
奇跡の予選通過。
それを考えれば当然。

でも、最後は大団円に終わった。

冒険王リーグ・準決勝第1試合

シュープ―ザナドゥ
0―0

PK戦
3―2

ザナドゥが3人失敗
シュープは岩田以外の
小由里、庄子、青山が決めて
初の決勝行きが決まった。

決勝トーナメント分析。

本サイトにあげるよりも見る頻度が高いと思うので。(笑)

超直前の分析です。

準決勝・第1試合

CHOOP-XANADU
結論から言うと8:2でCHOOPです。

本サイトでの分析でもいうように穴もなく
エースがしっかり軸にあり周りのサポート陣も強いCHOOP。
点を取れるのが前にしっかりした人を置いた場合
確実に3枚になるところは強み。
崩しでもミドルレンジの強襲と幅の広さは多い。

安田の指令塔にMANAMI・稲熊のカウンタートップ型
崩してゴールを出来ないというのは印象済。
ただ、14分間の狭いコートのゾーンDFで勝機を得るしかないが
PK戦を蹴れる選手の実力はカレッツァよりも少ないので。

CHOOP予想スタメン

三宅梢子(GK)
青山愛子(岩田ゆり)
庄子知美
小由里
AYANO(影山のぞみ)

XANADU予想スタメン

中村真弓(GK)
森みゆき(平塚奈菜)
安田美香
稲熊泉()
MANAMI

予想スコア:3-0、CHOOP
(ただし、2点リードでサブにメンバー変わったら別。)

準決勝・第2試合

6:4でガッタス有利ではと思う。
それでも拮抗してるからどっちともいえない。

こっちのほうは当然のライバル対決といわれるカード。
どっちもベストを敷いたときのFPの強さは確か。

今回はGKの戦いと位置づけている。

紺野さんが万全でないというのは明白。
でも、問題がなければ判断がしっかり出来るのは絶対紺野さんなので。
あと、FPで最前線に是永さんがいるときの
得点能力の違いも明白なので是永さんはFPで起用することが
これを勝つ絶対条件なのかもしれない。

ただ、是永がGKやるならこれぞドロップゴールだという
度肝をなくシュートをぶち込めるんなら相当な武器だと思う。

カレッツァは間違いなくFPに関しては5月から完成してる
五十嵐・井本・小島・長谷川の最高セットを出すだろうが。
小島の風邪が影響してないかという点。

ただ、小島は今回は狭いコート&ハーフを超えての
クリアランス禁止でカウンターが出来ない分。
後ろに下がって軽く崩して前線(長谷川)に送る展開は
きちんと機能しているのは大きい。長谷川1人でも勝負にいけるし。

ただし、ここの最大の穴もGK、赤坂さなえだと思う。
シュートの止め方が危なっかしい。KIや間接FKを
キーパータッチで2点を献上したり・・・。

キーパークリアランスの出しどころがなく敵へプレゼントパスして
それをあっさり決められる場面も自分は見ているので。

これで是永or吉澤でプレッシャーをかけてしっかり
ボールを奪われたら1点ものになる。そんな感じから・・・。

Gatas予想スタメン

紺野あさ美(是永美記)
みうな
里田まい
吉澤ひとみ
是永美記(藤本美貴)

予想スコア:2-1でGatas

3位決定戦:1-0でカレッツァもしくはPK戦でカレッツァ

優勝決定戦:2点以上ならガッタス・1点勝負ならCHOOP

そんな感じだと思う。今回は紺野さんのことを考えても
CHOOPがモチベーション・コンディションは有利だと思う。

では、そろそろお台場に行ってきます。
速報では何とかゴール状況もあげれると思います。
準決勝から3位決定戦まで時間があるので・・・。

決勝トーナメントもお台場から速報します。

ということで、決勝もお台場から速報します。

前夜もいろいろやろうと思いましたが・・・。
仕事とかで忙しくて出来ませんでした。

なので、速報と観戦をしっかりしたいと思います。

ぜひ、速報はこちらでよろしくお願いします。

この結果、

というわけで、目下はこっちは決勝モードに気持ちを切り替えます。
決勝トーナメントチーム決定の瞬間から
本サイトのコンテンツをせっせと作っていたからです。

ということで本サイトに予選リーグ結果。
決勝の分析を触れるコンテンツを作りました・・・。

予選のコンテンツは状況が整えばベスト5・ベストチーム
得点ランキングなんかも調査がつけばしたいと思います。

というわけでLINKの左の本サイトへアクセスしてください。

で、グループB全結果は・・・。

1位:カレッツァ、11勝03敗2分、勝点35・28-09=+19
2位:ザナドゥー、09勝02敗5分、勝点32・20-04=+16
3位:ミスマガ。、07勝06敗3分、勝点24・16-12=+04
4位:dream、03勝10敗3分、勝点12・08-21=-13
5位:蹴竹・G。、02勝11敗3分、勝点09・05-31=-26


ただ、決勝トーナメント決定の瞬間。
大いに荒れに荒れたそうですね・・・。
まあ、一部の人だと思うんで決勝には心配ないでしょうけど・・・。

戦力をモロに落として控えを試すゲームとかで
盛り上がるような盛り上がりきらないような感じの
グループB。そんな感じですね。

もし、最終日最初でミスマガが勝ってたら
状況はえらく面白かったんでしょうけど・・・。
そこでモチベーションも下がっちゃったんでしょうね・・・。

ということで、まあ、会場の状況についてはこれから
ゆったりどうだったか聞きますよ・・・。

それに関しても後ほど触れられればと思います。

カレッツァ・XANADU・決勝トーナメント進出

XANADU-ドリーム

これでXANADUが勝ち、最終戦を待たずに
カレッツァ・XANADUが決勝進出。

あとは、1位・2位の進出関係になりますが。
どっちとやるほうがきついかを取るかですね。

皆の話によると、もう主力を温存に入った2強は
見ててサブクラスばっかりだということです。

とりあえず、全成績が出てから再更新で。
これからちょっとたコンテンツを作ります。

グループB・最終日。知り合いの速報にて。

起きれたら見に行こうと思いましたが。
ぐっすり寝て10時過ぎだったので。(汗)
知り合いが行ってるので在宅で情報を更新します。
基本的に結果のみになりますが。よろしくです。

第7節

第1試合
XANADU-ミスマガジン:1-0

試合終了間際、カウンター・安田のゴールで勝利。
この結果。勝点状況で・・・。

カレッツァ:28(+17)
ザナドゥ・:26(+14)
ミスマガ・:21(+05)

カレッツァがこれで決勝トーナメントまであと1勝。
初戦(3試合目)のザナドゥ戦の結果でカレッツァが勝てば
ミスマガに望みが繋がりますが・・・。
得失点差的にも厳しいので。相手が負けないといけない状況。
ミスマガジンは厳しくなりました・・・。

次は第2・3試合終了後、更新予定です。

第2試合
dream-蹴竹G:2-1


第3試合
カレッツァ-XANADU:0-2

とりあえず、状況を聞くと井本が居ないのは穴ですね。
あと、小島は風邪で状況は良くないようですね。

あと、ゴールの決められ方も赤坂がよければ
止めれたのが多かったようで。(FK・ポジションミス)

この結果・・・。
XANADU:29(蹴竹・dream)
カレッツァ。:28(蹴竹・ミスマガ・dream)
ミスマガジン:21(dream・カレッツァ・蹴竹)

これでザナドゥもマジック1で後は格下の相手。
得失点差を考慮しても1引き分けでOKという状況。
ただ、カレッツァは小島の体調管理から
1位なのか2位なのか微妙な情勢です。

それにしても今日は暑いな・・・。お台場行ってたら死んでたかも。

第4試合
dream-ミスマガジン:0-1

第5試合
カレッツァ-蹴竹G:2-0

この結果、
1位:カレッツァ、10勝02敗1分、勝点31・25-07=+18
2位:ザナドゥー、08勝01敗5分、勝点29・16-03=+13
3位:ミスマガ。、07勝04敗3分、勝点24・15-09=+06
4位:dream、03勝09敗2分、勝点11・08-20=-12
5位:蹴竹・G。、00勝11敗3分、勝点03・03-31=-28

とりあえず、カレッツァが確定。

ゴゴイチ初戦がXANADU-dream。
ここでXANADUの勝利で全てが決まります・・・。

とりあえず、わかったら更新します。
第8節の成績は新しい記事で・・・。

グループB:3日目にて大異変!?

第5節
ザナドゥ・-蹴竹・G:0-0
カレッツァ-ミスマガ:0-2
dream-ザナドゥ:0-2
ミスマガ・-蹴竹・G:3-0
カレッツァ-ドリーム:2-1

第6節
ザナドゥ・-ミスマガ:1-1
dream-蹴竹・G:0-0
カレッツァ-ザナドゥ:1-0
dream-ミスマガ:0-1
カレッツァ-蹴竹・G:1-0

1位:カレッツァ、9勝2敗1分、勝点28・25-07=+18
2位:ザナドゥー、6勝1敗5分、勝点23・16-03=+13
3位:ミスマガ。、6勝3敗3分、勝点21・15-09=+06
4位:dream、2勝8敗2分、勝点08・06-18=-12
5位:蹴竹・G。、0勝9敗3分、勝点03・02-27=-25

◆ザナドゥ

確実に疲れが出てきてますね。
年齢的なものとというのが出てきてる感じです。
しっかりプレーが出来てるのが今日、見た印象だと
キャプテンの安田さんくらいだった感じです。
この1日はわずか2点しか取れないということをおいても。
あと、今日、ゴレイロ大林がお台場にも出ました。


◆カレッツァ
もう温存モードに入り始めました。
初戦のミスマガ戦は小島まで登録外ということまで
やったツケがそのまま出てしまった感じ。
後半、序盤にゴールを割られても小島・井本が居ないことで
攻撃の核のないカレッツァは完敗しました。

あと、赤坂さんのゴレイロは危なっかしいです。
攻撃層の薄いグループBなので7失点というだけで
これでグループAのチームが1チーム混ざってたら
完全に変わってるかと思います。

しかし、それ以外の試合はきちんと勝つ。
今日、最終戦の蹴竹Gでは主力を完全温存で1-0で勝てたので。
明日の午前の第7節でザナドゥーの直接対決。
ここで勝つことでそのまま連勝すれば
最終節を待たずに1位通過が決まるのでもう1位でしょう。


◆ミスマガジン

ミスマガが攻撃にバリエーションが出てきました。
実際、第5節だけを見に行ったのですが。
溝口をシューターだけでなくリスタートの起点にして
攻撃参加が少なかったフィクソの立花も攻撃参加をするようになり
やっと、チームの攻撃のバリエーションが出来てきました。

これにサイドのアラの選手のシュートや詰めきりがまだまだですが。
ちゃんと出来るようになるとかなり出来るチームになって来ました。


◆予選敗退チーム

で、予選敗退が決まったdream。
さすがに核となる高本を封じられてしまい
同じく、初日で核を失った蹴竹Gと同様、
3日目、勝ち星無しで予選敗退が決まってしまいました。


◆リーグの様相

さて、目下の注目は温存で気を緩んだザナドゥを
完全に射程圏内に捉えたミスマガジン。
早くも明日の初戦でそのミスマガジンとザナドゥの直接対決。

これで勝ったほうが2位通過に大きく近づくということです。
なんか、こうなるんだったら明日、見に行けばと・・・。(苦笑)

でも、こうなるとミスマガが2位で行ってくれないかな。
その方が今大会No.1ゴレイロといえる時東さんが見れるし。

ま、この状況を考えると決勝トーナメントは

CHOOP-ザナドゥorミスマガ
Gatas-カレッツァ

の組み合わせになりそうな感じですね。

ただ、今日見て感じたのはスピード感と緊張感のある試合が
あまり、感じられなかったのが今日の正直な印象。
2強が温存モードに入ったのもあったのでしょうが。

さあ、一体どうなるのかな。30日、見に行くんで気になります。
明日は気が向けば行きますよ。

冒険王リーグ・グループBに来てます。

2強が足下を救われました。

まずはザナドゥですが。

最下位、松竹に
稲熊を後半途中まで温存したのが

拙攻の面が出て結果スコアレスドロー

カレッツァは井本不在のなか、
小島まで登録せず。
攻撃の核が無い
カレッツァは守りだけ。

それにミスマガ、溝口の2ゴールに絡まれ。

前線はミスマガ立花のワンバックに
完全に阻まれ結果。0―2

ミスマガが上位進出に加速する形になったことだけ

速報しておきます。

全戦スタンドで。

飲み会でけっこうやられました・・・。

ということで、ここ最近、1日おきですいません。
週末~30日に向けて頑張ります。

台風も関東にはあまり大きな被害を出さず
どうやら台風一過で一気に好天のまま決勝トーナメントを
迎えられそうな感じですね・・・。

そんな台風一過が我が家にも決勝のチケットが当たりました。
ということで、グループA絡みに関しては全部スタンドで観戦が
出来るようになりました・・・。

一時のアレもこれで払拭できますよ。
30日はちょっと気をさらに変えて臨みますが
最高の決勝トーナメントを見てこようと思います。

で、そうなるとより一層、気になってるのがグループB。
実は自分が行った時に居なかった第4節にザナドゥーの稲熊が
ちゃんと居てゴールをバンバンに決めてたとかね。

ザナドゥーのMANAMI・稲熊の2トップとか
新しい戦力の動きとかも見ておきたいですしね・・・。

井本の居ないチームとか。カレッツァが
長谷川・ケイコさんのピヴォとか。
どういう風に機能させてくるのか?

ま、この2強のどっちが怖い存在で1・2位に
なるんだろうって感じの所ですよね・・・。

ミスマガに関してはまだ2位以内を狙える位置なので。
時間と余裕がついたらどれか1節にひょっこり現れたいと思います。

・コメントレス

ヒロ57号さん・畑中さん

とりあえず、この台風がどう作用するかですね。
自分もどの節が重要なのかを見極めて現場に行こうと思います。

嵐・ARASHI・FOR ドリーム?

台風が迫ってますね。

明日、CHOOPが公開練習だったんですが。
(仕事で行けないですけど)
中止になったそうです・・・。残念です・・・。

で、とりあえず、昨日でガッタスの公開練習も終了。
GK紺野さんはテーピングで固定の状態ですからね。
ちょっと、参加は無理っぽいのかな・・・。

でも、急造GK・是永さんはどうかな。って感じですね。
体の大きさから考えれば吉澤さんとか
結成当初にキーパー候補だった梨華ちゃんの方がいいかなって。
是永さんはFPで出てナンボだと思うので・・・。

あの狭いコートなら前線でプレッシャーと
決定力もある是永・藤本・あさみ・吉澤。
後方はいろんなプレーできる里田・みうなでいいのではと。

で、CHOOPはあの狭いコートに前線で大きな選手でなく
中盤を固めて後ろはワンバック。前は詰めきる要員って戦術で
行ってるように感じてます。

小由里・庄子の両アラを本線にして。
ピヴォを影山・AYANO・あじゃ
フィクソは青山愛子・岩田でやるという戦術
(疲労などの場合によってサブメンバーを時間で投入)

とまあ、グループAを予想して・・・。
グループBは28日の午前中で決まりそうだと予想。

とりあえず、何かあったら今日の深夜、また書きます。

コメントレス CONTINUE

そういえば、やってなかったので。

ウチのサイトでは試合(カップ)ごとに恒例?で
やってたベスト5&ベストチーム。

フットサル界隈でいうところのクラッキ&デスタッキです。
(CRAQUE&DESTAQUE)

とりあえず、グループA・うちの所で上げたいと思います。

まずは、ベスト5.

ゴレイロ:奥山明日香(FANTASISTA)
全チーム中の最小失点。ボールの正面で止めるキーパーぶりで。
ホントにこの後、一時休業するのがもったいないな。

フィクソ:里田まい(Gatas)
守りの面でもダイレクトの攻撃参加も見事。
コースに早く決まるキックはもはや武器。4得点で選出。

アラ:庄子知美(CHOOP)
今回のチームの核は狭くてもきちっと決めた庄子さんに。
7得点1アシスト・攻撃の常に起点となった。

アラ:山口ももえ(ASAI RED ROSE)

稼ぐ時にはガッチリ相手のミスをしっかりゴールに変える。
実に稼いだ15点。(浅井の全得点は21点)


ピヴォ:是永美記(Gatas)

ついにピヴォに。得点を取るストライカーに。
相手のキーパーのクリアランスに常にプレッシャーを掛けることが
相手のミスを誘ってゴールにする。あとゴール前の混戦も
ボールコントロールの個人技でゴールに出来るのは彼女の真骨頂。

あと、ベストチームとすれば・・・。

木村歩(FANTASISTA・アラ)
小由里(CHOOP・アラ) 
丸山葵(FANTASISTA・アラ)
マッキー(浅井の8番・ピヴォ)
AYANO(CHOOP・ピヴォ)
吉澤ひとみ(Gatas・アラ)
紺野あさ美(Gatas・GK)

で、とりあえず、現状のBグループとしては・・・。
昨日の1節だけを見てないので結果が出るので判断します。

とりあえず、リーグ結果は出るんですけど。
誰がどう得点を入れたのかは全然といって良いほど出てないんでね。

得点ランキングでも上がってるサイト、探さなきゃね。

リクエストがあったので。

まずはコメントレスを含め。>畑中さん

うちのサイトリンクさんの中から。
http://bbs2.fc2.com/cgi-bin/e.cgi/30193/?act=reply&tid=1457537

キャプテンひーちゃんさんのガッタスサイト内の掲示板です。
そこより、試合結果がわかります。

自分も最も早く試合結果のみがわかるサイトから
あげてもいいんですが・・・。そこからってことで。

あと、カレッツァファンの方ではカレッツァの試合の布陣も
出ているブログもあったりしますので。

でも、こっちは見に来た試合しか触れることできないし。
そういった感じになるかと思いますのでね。

来週の結果はその速報を上げるサイトさんの力を借りてということで。
自分だって全部、見にいけるほどの財力も無いですし。
他の予定もありますのでね。これだけは勘弁してください。

でも、自分は土曜日の5or6節を見に行くのかなって感じです。


>三島さん

井本・長谷川さんの負傷退場も関係なかったようです。
長谷川さんは大事を取ってでしたし。
井本さんは来週、仕事で出れないのがチームとして気がかりです。

>ヒロ57号さん

うーん、でも3位以下は厳しい感じですね。
でも、ミスマガ・dreamには良い選手が出てきましたよ。


で、コメントレスを先にして・・・。
今日の「すかいらーくCUP」中継。なんとも納得行かない点が。
今日、知り合いといろいろ話してたんですけどね。
それはおいおい2日くらい掛けて書きますわ・・・。

で、思ったのが関東リーグの選手がコーチを
やってるのが多いこと。5人は居ました。ちゃんと見てますよ。

あと、木暮さんのコーチの存在はデカイなと・・・。
でも、決勝の木暮さんのコメント指示は完璧だったんだけど。
それで負けた決勝に負けたカレッツァは
この7月26日の負けは屈辱でしたでしょうね・・・。

なんか、ガッタス-CHOOPが事実上の決勝戦って感じの
放送の伝え方でしたしね・・・。>フジテレビ

8月はガッタス・CHOOPを決勝で見たいですね。
でも、グループBの2強も強いので一発勝負なだけに
気を抜けない決勝トーナメントになるのは間違いなさそうです。

とりあえず、目先は30日かなって感じです。

グループB:2日目終了時点の順位。

まずは、リーグ結果から。

1位:カレッツァ、6勝1敗1分、勝点19・21-04=+17
2位:ザナドゥー、5勝0敗3分、勝点18・14-01=+13
3位:ミスマガ。、3勝3敗2分、勝点10・06-08=-02
4位:dream、2勝5敗1分、勝点07・05-12=-07
5位:蹴竹・G。、0勝7敗1分、勝点01・02-23=-21

下に2日目の第3節を見に行った自分のレポと各チームの感想を
先に読んでいただくとここがわかりやすくなりますが・・・。

決勝はカレッツァ・XANADUで決まった感じです。
ただ、どっちが1位か2位かで決勝の様相も変わるので。

あと、dreamは4勝分のビハインドと、松竹は1弱なので
(2強に2日とも勝ててないので・・・。)

ということで、可能性のある3強の印象について改めて・・・。

◆ミスマガジン

攻撃の核、新加入の溝口はいいのだけど。
アラは基本的に詰めきるための要員で自分から攻撃の起点になれない。
あと、最後尾で常にいる立花キャプテンは、ほとんど攻撃参加がない。

8試合で6点が物語るように得点力は少ない。
ある意味、ギャンブルを掛けて2強には前から勝負して行かないと
勝点3点分をひっくり返せないことになる。

2勝で6点分を返して現状の2強の直接対決で潰しあいならば
自力での2位の可能性だってある計算なんだから。
なので、3日目が当たって砕けろで勝負しないとつらいかな。

ただ、時東さんは154cmとは思えない迫力抜群のGKに。
飛び出しもポジショニングも反応も穴が殆ど無かった。
クリアランスもルールどおりハーフ手前でバウンドする
するどく早いクリアランスをバンバン放っていた。
間違いなく今大会のNo.1ゴレイロにふさわしいと思った。


◆カレッツァ

とりあえず。カレッツァの現状というまとめ方で。

・GK:赤坂

経験の無さがモロに出てる感じ。
キーパー機会も正直、ザナドゥー戦しかないに等しいので
残り8試合でいかになれるかに掛かっている。

自分が見た1試合でもザナドゥー戦でクリアランスミスで失点。
チームのFPの守りでなんとか4失点になってる感じがする。
矢縄さんが居たけど、ピッチには出なかった。

・フィクソ:五十嵐>田中

やはり、五十嵐が軸。で、それをカバーする田中の図式。
田中さんが出てるのは大差になったときのお休みの時間で。
しっかりワンバックの形って感じがする。ここは問題なし。


・アラ:小島・井本>富田・滝>(太田)・瀬戸>小林・(伊藤)

この4段階という感じ。()内はプレーを見れなかった人。
小島・井本だと攻撃になるのだが。
それ以外はやはり攻撃要員にはなりきれてなかった。
ボールの押さえは富田・滝・太田は出来てるが残りメンバーは厳しい。

で、来週・30日は井本さんがフォーミュラニッポン関係により
仕事で欠場が濃厚になってる。それを意識しての起用法もあった。

ただ、やはり、小島以外からは得点は生まれなかった。
これはリーグ通過には問題は無いが強豪ぞろいで勝たないといけない
決勝には大きな課題なのかもしれない。

・ピヴォ:長谷川>ふるけいこ>秦>大網

詰める・あわせる・キープする。ピヴォの醍醐味を
ますますしっかり出来るようになった長谷川が中心のチーム。
小島もチャンスならば長谷川にパスを通すというプレーを選択してる。
ただ、長谷川が抑えられると小島のシュート癖が出ちゃうけど。

で、けいこサンはピヴォの起用ですが。
シューターとしてのキックのコントロール。
体の入れ方は流石に良いなというのが感じた。

で、秦さんは下にも書いたとおり。3番手のピヴォ。
でも、感覚を取り戻せていればって感じがある。
3人のピヴォがいるのが負担軽減のカギにもなる。

総評として今大会、メンバー間によってはついに
ボックスでやる面も出てきた。
ピヴォがアラを兼任するというフォーメーション。

問題はどういう主力で臨むか固まってるかだと思う。
これがガッタス・CHOOPに通用できるのかといえば
ザナドゥー戦を考えれば厳しい印象。

●ザナドゥー

選手面は、さっきの試合回顧で書いたことが全てです。
ただ、このチームを他のチームをちゃんと見て
それを戦術としてやってきている。

あと、勝利をつかんだことは一気にやる気を引き出している。
得点を取られてもモノ落ちしなくなったのが強み。

あと、ここのチームの良いところは生え抜きで
それぞれのメンバーが実力をつけている点。
チームを整えてきている点。そこはすごい拍手だと思う。

コーチに5月の大会・一部の時間、助っ人起用していた
藤田安澄(東京の女子フットサルチーム・ファンレディース選手)が
しっかりコーチという立場でしっかりチームを作り上げてきている。
(ガッタスの斉藤涼子さんと同じ立場の方と思って良い。)
それがメンバーに向上心。プレーの質を上げてきている。

これはガッタス・CHOOPの強くなり方に似ている。
実際、カレッツァに2戦とも勝ちに等しい1勝1分け。
勝ちきれない3分けはあるものの。失点もオウンゴールで
完璧にやられた失点も未だにない。

残り、2つのカレッツァ戦を勝ち越して3弱に
きちんと勝てば1位で通過できる。まさに古豪の逆襲って感じ。

そんな所かなと思います。
とりあえず、なんか3日目で決まりそうな気配です。
あと、もう1節は見に行こうと思います。

●あと、感じた雑感。

ただ、集客率が7割と声援率が少ないって感じました。
やっぱ、ファンタがグループBでも良かったような気がするね。

でも、アレ!?って人が居ましたよ。最前に。CH⇒電話会社ですか?
とりあえず、グループAの総評もこの後、やりたいと思います。

今日、見てきて感じた。グループB

今日、第3節(2日目の午前)を実際に見てきました。
午後も見ようかと思いましたが・・・。

待ち時間が長いのと各チームの試合を
見て状況がほぼ見えたので、今日の「すかいらーくカップ」の
オンエアを見たかったのもあって帰りました。

第3節
ザナドゥ・-ミスマガ:0-0
カレッツァ-蹴竹・G:4-0 
dream-ミスマガ:0-1
カレッツァ-ザナドゥ:1-1
dream-蹴竹・G:2-0

第4節
カレッツァ-ミスマガ:4-0
ザナドゥ・-蹴竹・G:5-0 
カレッツァ-ドリーム:2-1
ミスマガ・-蹴竹・G:0-2
dream-ザナドゥ:0-1

とりあえず、3節を見に行ったので感想を。

●ザナドゥ・-ミスマガ:0-0
守備が基本の両チームだった。
ミスマガは新戦力・18番で登録の溝口さんがピヴォ。
あとは、動きの良かったメンバーがアラをやるという戦術。
で、キャプテンの立花さんはフィクソでワンバック。

あと、GK時東さんが素晴らしい飛び出し。キャッチング。
体の張り方もバッチリって感じでした。
自分が7月のすかいらーくグループCUPで
3人目のゴレイロとしてベストメンバーに
選んだのは間違いなかったって思えるくらいでした。

そして、ザナドゥですが。7月の試合を現場もしくは
放送でチェックできた人はわかりますがゲームとして出れるのが
7人居るのは凄い強みだと思いました。
安田・MANAMI・平塚・福田・ゆりん・田代・稲熊・森

GKも大林ではなく5月からキーパーの予定だった
お笑いコンビ・金魚ばちの中村もボールの正面で
きちんとセーブ出来るなかなかのキーパーぶりだった。

結果は0-0でしたが。守備がしっかり出来て攻撃は
役割が出来たがゲームだった。

●カレッツァ-蹴竹・G:4-0 

まさに力の差。実際、1日目には
松竹にも12番の持てる人がいたんだけど。ってのを
知り合いから聞いてたんですが・・・。
その12番が居なかったのか松竹チームはボロボロ。

で、カレッツァですが。
小島・長谷川は健在。で、井本・五十嵐で軸になる存在。
一応、この試合は前半の4分で3点小島・長谷川×2で。
小島は完全に下げて。終盤に長谷川⇒ふるけいこ(以下、けいこ)
というのとサブメンバーを使ってきた。秦・井本を温存してでも。

で、けいこサンの印象は、シューター版の小島くるみって感じ。
止まってのシュートはサッカー経験者だけあって
さすがのものがあった。この試合でもFKを決めて颯爽と去った。

ただ、見えた印象として点に絡んだのは小島・長谷川・けいこサン。
この3人のみでしか点が取れない印象は露呈してる感があった。

●dream-ミスマガ:0-1

キックオフにストライカー・溝口さんが突っかけ
それをそのまま奪い、キーパーと1対1を
シュートで交わすゴールを決めた。

その後は中盤での潰しあいだった。
でも、ミスマガは時東・立花・溝口のセンターラインと
アラをしっかり代えてサイドを詰めていくというのを徹底した。

dreamはサイドの高本・西田がカギってのを
わかっての戦術だったし。これがミスマガのフットサルだった。

それがそのまま出た感じ。


●カレッツァ-ザナドゥ:1-1

1日目のザナドゥの勝利がフロックでないかを
見に行ったのだが。そうではなかった。
カレッツァも五十嵐・井本・小島・長谷川のベストメンバー
ザナドゥーも福田・森・安田・MANAMIのベストメンバー
(この日には稲熊が居なかったが新戦力の森が存在感あったので。)

で、ここでカレッツァGK・赤坂の経験の無さが見えた。
クリアランスの出しどころが無い中途半端なモノを
森に奪われそれをあっさりゴールに叩き込まれた・・・。

これで見えたのがGKの弱さはあるな。と思った。
クリアランスはしっかりしてた河辺さんに引っかかった。
で、守りきってるのもFPが守ってるのがほとんどで。
キーパーでの守りが生きてる部分はまったく無かった。

あと、小島・長谷川が攻撃のキーだというのをわかっていて
ずっと見てきている経験の差っていうのもありますね。
小島・長谷川には近くの選手がすぐにプレスに入るのが
徹底されていてしっかりキーを抑えていました。

ただ、井本のパスをザナドゥの選手がオウンゴールで同点に。
しかし、流れで点を決めれて無い点から
たまらず、小島をいったん、策を預けるためにベンチに下げたし。

後半、カレッツァは、長谷川⇒秦にスイッチした。
(この時点でけいこサンは仕事で居なかったので。)
で、秦さんがやっぱりスランプだった。
昨年の動きとコントロールの良さはどこへやらと・・・。

結局、途中で長谷川がピッチに戻る格好で交代された。
で、後半終了間際、右へのスルーパスをMANAMIが
キーパーのポジションミスをしっかり見て左に流し込んだが
その前のチャージを取られノーゴールで引き分けになったが。

押し気味のカレッツァは逆に攻めさせられてる感が自分には見えた。
その点、相手のミスをしっかりモノにしてプレスから
ゴールを取れるザナドゥで攻撃は無いけど。この狭いコートで
思い通りの守りが出来てる感がすごく見えた。

あと、小島のシュートコースにしっかり居る
GKの中村の読み・ポジションもよかった。


●dream-蹴竹・G:2-0

松竹は諦めた感じのキーパーを除く前・後半総入れ替えセット。
で、dreamが何故、勝てるようになったのもここで見えた。
高本さん、ガッタスの藤本みたいな感じになりつつあります。

で、攻撃のゴールはキックインを高本に預けて
それを止めてトゥーキックのグランダーで枠を狙うシュート。

その1パターンなんだけど。キーパーが反応できないと入る×2.
結局、この2点で勝てたし。これは武器といえば武器。

あと、守りも高本が常にボールに行く強さが目立った。
他のメンバーも実力がつけばもっといいのだが。

そういう風に感じたグループBの5チームでした。

Bグループの1日目

とりあえず、結果を上げるとということで。

1位 XANADU 3勝0敗1分 勝ち点10 得失+7
2位 カレッツァ  3勝1敗0分 勝ち点09 得失+8
3位 ミスマガジン 1勝2敗1分 勝ち点04 得失-1
4位 dream  1勝2敗1分 勝ち点04 得失-6
5位 蹴竹G    0勝3敗1分 勝ち点01 得失-8

とりあえず、それなりに・・・。

◆ホリプロの1位について。

どうやら、聞いた話によると1日目は無失点試合だったようです。

蹴竹G・3-0、ドリーム・3-0、カレッツァ・1-0
ミスマガジンは守りきられて引き分け。
ここでミスマガでもきちっと勝っていれば文句なしだったけど。
まあ、ミスマガが守りのチームなので・・・。

FP陣は安田をパサーにMANAMI・稲熊で前を取り。
平塚・氏家といったメンバーが後ろを務めるとい図式っぽいが。

7月のフルメンバーに5月からGK予定だった金魚ばちの
中村ってのがGKだったはず。これは良い方向だと思う。
(公開練習から大林よりは良いと思ってたので。)

果てやカレッツァに勝てるんだから。逆に後先考えず行けば
1位通過もあると思う。それは明日、カレッツァよりも
良いゲームで引き分けに入るという条件付ではあるけどね。

◆カレッツァ・2位

メンツ的にもどうなるだろうかと思ったがこのリーグだと
苦しむことはなかったようですね。ただ、ホリプロに負けたのを
きっちり他のの下位チームに大勝するあたりははさすがだと思う。

明日、見にいければこのチームが小島一人でなく
出来てるかを見てきたい・・・。ホリプロに負けた点からしても。

◆初勝利を取れたdream・ミスマガと、新規参入。
上の結果から推測するにこの3チームの対戦履歴は。

ミスマガ-ドリーム、dreamの勝利
蹴竹・G-ドリーム、引き分け
ミスマガ-蹴竹・G、ミスマガの勝利

この3チームの中ではホリプロとも引き分けたミスマガしだいかな。
ミスマガはこの下位2チームに勝っておくことだと思う。

ただ、この展開だと明日でリーグの展開がハッキリしないかが心配。
今日の結果のままだったら2位と3位の勝ち点差が10点。
得失点差で上回れないことを考えても4勝分を返すのは無理な気が。

だから、明日、見に行こうと思っています。
大方、決まりそうな気がするので。でも、各チームの良い選手は
紐解いてこようかなと思います。

で、今日は盛り上がってたかい?

決勝へ向けての大事なこと&グループBを検証

今回はまず、進出チームについて。

予選リーグ終了後の公開練習を行った人とかの
レポとかを見たら、モーニングのメンバーは休養気味で。
紺野さん・吉澤さんは大きなケガを抱えてますからね。

ただ、それは1位で通過したCHOOPだって同じことのようで。
各メンバーのブログなどから主力のケガが多い感じです。

ただ、この2チームにいえることは軸を機軸にした総合力。

CHOOPに関しては前で人数を固めて
攻撃できた時の得点率は非常に高いのが印象。

庄子・小由里・ピヴォの3人の関係で崩して点を取ったり。
庄子・小由里のカウンターミドル。前線の詰め切れる選手の揃い方。
これはだいたいの選手が出来る上に守備に関しては
誰が出ても穴が無い所が売りという所です。


ガッタスはよくよく見たらAグループ全チームで
最多得点をたたき出していました。

ガッタスの攻撃の軸はどこからでも点が取れるところ。
スルーパスで吉澤。是永のカウンター。
後方へ下げての里田のミドルレンジ。
あと、CKから以上に針の穴を通すセットプレイ。

ただ、キープレーヤーをほっぽりになりがちなのが
そこは相手をしっかり分析する力を持って欲しいものです。

ということで、明日からグループBですが。

◆グループB・分析。

・カレッツァ

グループ的にも日程的にもかなり楽なカレッツァ。
カレッツァの今の主力は小島・長谷川・五十嵐・井本。

あと、7月の大会には登録はあっても参加してなかった
「ふるけいこ」さんが出るのであれば野田社長が言ってた
「うちのチームはあと1枚。」は解決するのだが・・・。

ここ3ヶ月の河辺・まこと・鷹の脱退。
それの代わりになるメンバーが出来てない印象。
それが「ふるけいこ」さんであれば問題ないのだが。
(サッカー・女子格闘技経験者なので。)

文句無くの1位通過候補。なのだが・・・。
チームは小島があっての今の結果が強いので
万が一、小島くるみ負傷でゲームに出れなくなるとかなりヤバイ。
あと、わかってる範囲だと主力の井本さんが抜ける機会が
かなり多くなりそうなので。そこら辺は大きなカギ。
(1週目はおそらく井本さん、いると思いますが・・・。)

赤坂さんのGKも河辺ほどの迫力は感じない分。
あとは、この前のAチーム同様、狭いコートに苦労しないかという点。
総合力がついてるかカギになる今回といえよう。


・ザナドゥー

未だに勝ったことが無いチームという印象で
見ないほうが得策なのかなという感じ。

それは7月のすかいらーくを見れば一目瞭然。
主力は安田・MANAMI・平塚・稲熊かな・・・。
その時はこの4人を含む7人の起用にこだわっていたが。

何度か見れたお台場の公開練習を見ると
7月には出なかったサブ組の練習を見ると
モチベーションは結構良い感じで進んでいるし。
動きも悪くは無い。しっかりプレスをして少ないチャンスを
パスやシュート。いろんなバリエーションで戦えれば

初勝利から一気に1位通過もあるかも。のチーム。
登録メンバーが多くなったのも強みなのでまずは序盤で
どういった結果を残すかがこのチームを占う材料になりそう。

・dream

公開練習を出来るようなネームバリューがあるので
どこまでうまくなっているのかは疑問?
でも、練習の本気度が上がってるのを見ると・・・。
まずは、1点・1勝が目標でしょう。

それからの次のステップを立てれれば
動きの良いメンバーもいるのでノッてなんぼだと思う。
ただ、初戦がカレッツァ戦というので落ち目にならないか心配。


・ミスマガジン
GKの時東あみはすごく計算できるんで注目。
あとは、7月以降の練習から攻撃面もシフトワーク出来たかに掛かる。

福永さん曰く、全くの未経験の1ヶ月ちょっとだった
7月は「まず守備から入ることを徹底した。」
(サッカーマガジンの記事のコメントより)

これを見るとおり、予選敗退・5分ランニングとはいえ
サブメンバーのガッタス・ホリプロにも引き分けてる。

それが狭くなるコート。あとは強いキック・攻撃の方向性が
ガッタスの東京ドームで意地でも1点的な練習を
やってきてると面白いと思う・・・。


・蹴竹G

まあ、大方の方が未知っていってるのですが。
自分はあえて書かせてもらいます。1度だけ練習を見てるので。

全部のメンバーが居た形跡が無いので
突然、強いメンバーが居たらゴメンなさい。

でも、自分が見たときの印象。ホリプロと練習試合をした時。
これFPが4-3になってません?ってのが多々あった。

よく見ると居たんだよね。1人だけつっ立っているだけのが。
主力級の居ないホリプロに0-2で負け。

まあ、あれから2週間経っているので変貌してる可能性。
ただ、Aグループの四谷といってもいいのかも。

とりあえず、グループBも当日券を出すそうですね。
というか、普通に座席指定券を売り出す感じですよね。

20日は別なほうに行くので見に行きませんが。
行けるなら21日に見に行こうかと思います。

あと、ガッタス戦みたいにグループBは速報予定は無いですが。
カレッツァ・dreamサポの方々がネットで速報を上げてるなら
少しずつ触れて行きたいと思います。

見に行けるなら21・28日に見に行きたいですね。
1日目の結果を受けて見てみたいってのもあるので・・・。

この週末は家でAグループの回顧を本サイトでしてきたいと思います。
更新の際にはここでも告知しますので。

遅れましたが、コメントレス。 CONTINUE

決勝トーナメントへ向けて。

今週末からの1週間は・・・。
冒険王リーグ・決勝に向けての情報をお届けしていく予定です。

今日は仕事で遅くなったので記事内容は後ほど。

冒険王リーグ・競技以外の感じたこと。その1

Sals公式サイトが新しい競技結果を発表しました。

マッチリポート
http://shop.kodansha.jp/bc/fbn/sals/match.html

リザルト(公式発表競技結果)
http://shop.kodansha.jp/bc/fbn/sals/re.html

マッチリポートでは今回の冒険王リーグ。
リザルトはPDFファイルで3・5月の大会について。
触れられています。でも、これってホントの正式発表か疑問です。

あと、ゴールの流れについてお伝えしようと思いますが。
さすがに40試合も自分は書けませんので・・・。

あと、まだリーグ・決勝の日程は残ってますしね。
とりあえず、長きに渡ってやってた「娘DOKYU!」の
すかいらーくグループCUPのダイジェストが終わりました。

で、いよいよ日曜日に放送があるんですが。
どういった放送になるのか。チーム紹介の
ドキュメントはあまり長めに取らないことを祈ります。

で、リーグについてですが。実況の良さも必要だなと思いました。
ちなみにグループAは・・・。

1日目:渡辺卓哉
2日目:佐野瑞樹
3日目:松本浩之
4日目:松本浩之

1日目の渡辺さんは正直、何もありませんでした。
だって、フットサルのルールをまったく理解してなかったんですから。
おかげで実況もあいまいだったわけですし。
タレントを扱うというバラエティーな部分も全然無かったし。

で、2日目の佐野アナは5月同様・可も無く不可も無く。
そこに来た3・4日目の松本さん。
この人、調べてみたらフリーアナだそうで。
http://www.c-folder.co.jp/popman.php?id=66

鹿島アントラーズの実況もするほどの方で。
スポーツ実況・レースも実況もある方でしたので
どうやらMXテレビ(東京メトロポリタンテレビ)で
フットサルの絡みも知っていたのでルール的にもバラエティーも
マジメに実況するという部分もすごく良かったです。

どういう経緯でやったのかは知りませんが。
グループBに行かれる方は実況にも注目してください。
これで見え方や楽しみ方も全然違ってくるので。

決勝トーナメントは火曜日なので。
7月のすかいらーくCUPのほうと同じ曜日なので青嶋さん希望で。

いろいろな思い。

久々ですね。ガッタスのライバルチームを触れるのも。

ということで、こんばんは。

●CHOOP、最終戦にこめた思い。

(三宅梢子さんのブログ)
http://mycasty.jp/ichigomilk/html/2005-08/08-14-117278.html

CHOOPの最終戦のスタメンは
袴田さんのファーストチーム「L.A.ANGEL」の
メンバーだったってことだったんですね。
まあ、決勝通過を決めてたということの計らいでもありますけど。

でも、石原さんも元メンバーだったんだ。ってのが
なるほどって感じました。そうなるとCHOOPって
すごく良いチームだなと思いました・・・。

でも、こうなるとホントに粒ぞろいですね。
あと、終わったあと、軽くインタビュー、有難うございました(笑)


●ファンタの正GK、奥山さん、一時休業へ。

5月からファンタのゴールマウスを守り続けてて
完全に正GKの存在を確立していた奥山さんが大学受験のため
活動自体を一時休業することになったそうで
今回がひとまずラストだったんだそうです。

それだったら何でグループAなんかに入ったのか疑問が・・・。
とりあえず、大学受験、頑張って戻ってきて欲しいですね。

このリーグ、全GKの中で最高の防御率(被失点)だったので
とりあえず、グループAのベストGKは決定です。

ただ、奥山の後任はカレッツァの河辺さんの
卒業くらいに急務の課題になりそうですね・・・。

あと、閉会式の奥谷キャプテンのコメントが
今のファンタの現状を物語ってるような気もしました。
全18ゴール中、オリジナルの自力だけで取れたのって3割ですから。

●試合が終わればノーサイド

14日、全試合が終わった後。会場に残って
浅井・CHOOP・ファンタのコーチさん・メンバーとかが
記念撮影や終わったあとのミニゲームをして楽しんでました。

こういう風にスイッチがオフになって安堵感の中
楽しんでフットサルをしてるのを見てるとホント良いものです。

とりあえず、浅井・四谷のコメントが真実で
それを機にまだ上に行くのが青天井くらいなメンバーが
頑張ることがもっと面白くなる要素だと思いますしね。

◆今日の一・二句

都落ち、行き着く先は、トスカーナ。

明日からはいろんな回顧。

とりあえず、明日以降、2・3日は
この2週間の予選リーグについていろいろと
書いていこうと思っております。

ちょっとゴネ気味になるかと思いますがご容赦ください。

ただ、ゴール・オウンゴールの区分けが曖昧なので。
各選手の成績更新はしばらく更新しない方向です。

サポ席についてもゴネだってことにごねたいし。。(ね、Oさん)

審判についてもちょっとゴネたいしね。
まあ、良い部分についてもちゃんと回顧しますけど。

でも、うまく起点をきかせたおかげでゴネにも負けず
自分が全試合・定価の価格で良い位置で見れたことに感謝して。

これからの3日間の仕事から帰ってからの更新で
やって行きたいと思います。

ガッタス、お台場の奇跡。

一時、速報で自分のテンパリでリーグ計算の間違いを
しておりました・・・。でも、もういいでしょう!!(笑)

もう結果はおわかりでしょうが・・・。

ガッタスがあの1週目の不安を一掃して
2位ながらも決勝トーナメントに進むことになりました。


2週目は6勝2分で勝点20を上乗せして。
一気にボーダー圏内の30点で通過できました・・・。

それにしてもグループAは3強だけでなく
浅井企画の山口という4強という構図になってヒヤヒヤでした。

とりあえず、ここでは最終日の全結果をお伝えします。
リーグ成績は。


1位:シュープ・勝点33、19-11=+08
2位:ガッタス・勝点30、22-11=+11
3位:ファンタ・勝点28、18-08=+10
4位:浅井企画・勝点21、21-18=+03
5位:四谷クロ・勝点02、03-34=-31



では、冒険王リーグ4日目。全試合の結果です。

◆第1試合
CHOOP-ASAI
1-0

後半6分:C・AYANO、小由里のシュートの弾きを押し込んで。


◆第2試合
Gatas-四谷
4-1

前半2分:G・吉澤(みうな)、CKから逆サイドダイレクト
前半5分:G・是永(石川)、石川から受けたパスをバックヒールで。
前半LT:G・是永(みうな)、CKからセンターで受けて押込み。
後半2分:G・里田(柴田)、CKを後方の里田にダイレクトミドルで。
後半4分:Y・11番(3番)、キックインを体に当てて。


◆第3試合:ファンタ-ASAI
2-0

前半3分:F・オウンゴール
前半6分:F・木村、間接FKを相手が触れて。(オウン?)


◆第4試合:CHOOP-四谷
1-0

後半6分:C・三宅、ドロップしてのキックをキーパー触れてゴール。



◆第5試合:Gatas-ファンタ
1-1

前半2分:G・吉澤、キーパーエリアギリギリからのFKを直接
前半6分:F・木村、カウンターをそのまま本気でドリブル置き去り。



◆第6試合:ASAI-四谷
2-0

前半1分:A・山口、左ミドル
後半5分:A・山口(マッキー)、左キックインを預けてシュート


◆第7試合:CHOOP-ファンタ
1-0

後半2分:C・小由里(山本?)、右から左アーリーで押込み。


◆第8試合:Gatas-ASAI
1-0

後半0分:G・是永(みうな)、CKをセンタリングであわせて。


◆第9試合:ファンタ-四谷
2-0

後半3分:F・木村、コーナーキック・オウンゴール
後半6分:F・木村、右サイド・ミドル



◆最終試合:Gatas-CHOOP
2-1

前半3分:G・里田、キックインが相手に当たってゴール。
前半5分:G・柴田、キックインがキーパーのファンブル。
後半5分:C・青山、クリアボールがそのままゴールへ。


ということで、全試合の簡単な結果でした・・・。
このあと、時間が出来たら今日の寸評をやりたいと思います。

冒険王リーグ・最終日・3強試合結果。その3

FA―四谷
2―0

後半中盤まで守りきったが
ディフェンスのミスで2点。

これでファンタは
勝ち点28
得失点差10

ガッタスは
勝ち点27
得失点差が同点。

総得点でガッタスがファンタの上なので
引き分け以上で決勝です。

とにかく、最高のメンバーで
優位に試合をしてほしいものです。

最終戦終了後。
更新します。

冒険王リーグ・最終日・3強試合結果。その2

GA―AR
1―0

後半、開始すぐ、コーナーから
みうなのセンタリングに是永さんが
見事にあわせてゴール。

それにしても。
みうなは針の穴を通すほど間を通す。

これでガッタス、2位に。得失点・総得点からして

次の動向が決まることに。

ファンタ、点を取れなければガッタスが2位通過に。

冒険王リーグ・最終日・3強試合結果。その1

CH―FA
1―0

ファンタが負けてシュープが勝利。

これで浅井に勝てば完全2位に。
ファンタが次、四谷なので勝って勝ち点差をつけてください。

あと、これでシュープの1位通過が確定しました。

冒険王リーグ・最終日・ガッタス界隈速報の2

GA―FA
1―1

吉澤がフリーキックで先制。

でも、カウンターでファンタ陣内から木村が本気出し過ぎの
ドリブルで持ち込んでゴール。

吉澤さんが怪我で出れない状況を
なんとか引き分けには持ち込んだ。

これで自力での決勝トーナメント通過は消滅。

ファンタはシュープ、四谷なので
シュープも次に引き分け以上で決勝トーナメント通過が
決まることになるので頑張って来るはず。

全結果は全部の試合が終わってからということで。

冒険王リーグ・最終日・ガッタス界隈速報の1

第7節、3試合目
まで。さあ、決戦!
GA―YC
4―1

G、是永2・吉澤・里田
Y、3番

CH―AR
1―0

シュープ、勝ち点27まで延ばす。

FA―AR
2―0

これで浅井の決勝行きは得失点差的に絶望的。

とりあえず、次の更新が笑ったものになりますように。

ガッタスの3日目

今日で資金も今後の資金もしっかり出来ました。
あと、一番下に今日の分までのコメントレスをしておきます。

とりあえず、ここまでのリーグ戦の勝ち点表

1位:シュープ・勝点24、15-09=+06
2位:ファンタ・勝点21、13-06=+07
3位:ガッタス・勝点20、14-08=+06
4位:浅井企画・勝点18、19-14=+05
5位:四谷クロ・勝点02、02-25=-23

◆勝つ!いう気持ちが見えた今日の起用法。

今回はもう勝たないとっていう意識が凄く見えたので。
というか、こんなに見ていて緊張の中。
悔いが出ない最高のゲームプランをしたからこそ

この3日目、良い結果に結びついたというので書きます。

◆1試合目:浅井企画、0-0⇒0-1⇒2-1
前半:里田・吉澤・石川・藤本
後半:里田・みうな・吉澤・是永

◆2試合目:CHOOP、0-0
前半:里田・吉澤・石川・藤本
後半:里田・吉澤・藤本・是永

◆3試合目:ファンタ、1-0
全部:里田・みうな・吉澤・是永

◆4試合目:四谷、2-0⇒3-0
前半:柴田・みうな・藤本・あさみ
後半:柴田・みうな・斉藤・あさみ(みうな⇒石川、あさみ⇒藤本)

1試合目、危なく逆転勝ちを収め。2試合目のCHOOPも
あと一歩、勝ちきれなかった中に2試合目の動きを見ただけで
そこに来ていた北澤さんは何としても勝たなくてはならない
ファンタ戦に最高の布陣をぶつけてきた。

あと、今回は点を取れるのが前というやっとこの動きが出来た。
自分が見たかった是永さんのピヴォである。
2ゴール1アシストの期待度どおりの活躍に。

今回、ローカルルールでハーフウェイ以降のノーバウンドが
禁止になってるので是永さんが前でクリアランスをつぶすことで
相手キーパーの生かす道をふさげることが出来た。

4試合目は正直、今日の意味ではみうなを除き
サブクラスのメンバーだったが四谷に核の違いと
ストライカーの意地で藤本が2得点を文字通りに押し込んだ。

3点目は相手キーパーのナイスアシストで得点を重ねて
明日に良い流れで臨めそうだ・・・。

で、紺野さんの負傷ですがそんなに心配は無いでしょう。
間近で見た限りだとパンチングが手首の裏にボールが当たったようで
手首にテーピングをしてしっかりクリアランスと
緩いボールのキャッチは出来ていたので大丈夫かなと思います。

是永さんの残り3分間のGK起用も大事を取っての
ものだという雰囲気だったので・・・。

ガッタスは明日の午前は予選敗退が決まった四谷と初戦。
ファンタは初戦は浅井企画なのでアドバンテージをつけるには格好。
(浅井企画だってまだ2位圏内にいるので・・・。)
出来たら浅井に引き分け以上の結果で頑張って欲しい所でもある。

とりあえず、首位CHOOPとは最後の最後に戦うので
2位争いの三つ巴に3戦全部勝ってがっちりと2位通過を決めたい。

P.S.
ガッタスのユニがセカンドのブラックのユニフォーム。
演技を担いで上はオレンジ、下はブラックにしていました。
GKの紺野さんも銀色のユニフォームになり、
四谷戦に至っては伝説の3rdユニで試合に臨んでいました。

明日も3rdユニフォームが見れるかもしれません。


◆他のチーム。

・CHOOP

総合力。各選手の起用の流れも十分。
穴がない分、今日も2勝2分と負け無しでしっかり戦い抜いた。
勝つべきチームにはきちっと勝っていたし。
取りこぼしがない限り1位通過は堅いかなと。
でも、決勝トーナメントは2位以内でいいから気にしないこと。


・ファンタ
木村が今日、居なく森田に変わった分。
明らかに連携面にも不安があったし。木村のような怖さも無かった。
ただ、シュートの威力は強いので正面をしっかりついてくこと。
これは是永さんがしっかり出来てたので明日のこのDFぶりで大丈夫。


・浅井企画
午前中は動きがしっかり出来ていたが。
山口の左足もついに爆弾状態になっていたこともあって
午後になったらバテバテになっていた。
あと、10人居る中で3人ほど、怪我やらサブクラスで戦っていない。
層の薄さがここに来てモロに出てきている。

・四谷
伊藤がこの日はクリアランスがダメダメ。相手に得点上げてるし。
あと、ガッタス戦で藤本と接触し怪我をしたっぽいので
ガッタス戦だけ出てきて後は別なGKを激しく希望します。(笑)

ということで、明日もしっかり速報したいと思います。
7節1~3試合目の試合になるのを速報します。

CHOOP-浅井企画(2位争いの生き残れるか?)
Gatas-四谷(ガッタスが暫定2位とアドバンテージなるか?)
ファンタ-浅井企画(結果いかんではG線・NG線、瀬戸際の戦い)

で、7節の最後のGatas-ファンタにはガッタス勝利で。
明日も13日のような最高のゲームを見せてください。

8月13日分のコメントレス。
CONTINUE
次のページ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。